Site Overlay

乳がん検診で再検査

[管理番号:2039]
性別:女性
年齢:38歳
はじめまして。
38歳女です。
乳がん検診で
腫瘍マーカー、触診、エコー、マンモグラフィを受けました。
結果は六段階でしたが、触診と腫瘍マーカーはAで問題なし
触診では、柔らかくてわかりやすい胸だと言われました。
マンモグラフィーがD2で「要精密検査:乳房腫瘤疑」
年齢やホルモンの状態によってかなり異なりますがマンモグラフィーで乳房腫瘤が疑われます。
乳腺外来ご受診ください。
エコーがCで「経過観察:乳腺線維腺腫疑」
乳房に発生する腫瘤は、年齢やホルモンの状態によって
かなり異なります。
乳腺線維腺腫は良性のものですが
他の疾患との鑑別の為、経過観察が必要です。
と書かれていて、
で、どちらも3ヵ月以内に受診をと書いてありました。
エコーの部位は
C:乳腺線維腺腫疑 左乳房内側下部で、数は1、大き
さは13×6mm
B:乳腺嚢胞 右乳房 左乳房内側上部 数は各
1~2、最大5mm
マンモグラフィの部位は
D2:乳房腫瘤疑 左乳房下部
としか書いていません。
このような場合、マンモグラフィで引っかかっているのは乳腺線維腺腫の可能性が高いのでしょうか。
検診したお医者さんが言うには、良性の可能性が高いとのことでした。
もちろん、精密検査は受けますが、初めて再検査となったので不安になっています。
また、検診当日は生理前で、次の日に生理がきました。
それと、パニック障害がありメイラックスとリフレックスを飲んでいるのですが、飲まないほうがいいですか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
検診で「エコーとマンモ」の両方を受けている場合には「解釈が容易」となります。
時に「本当に要精査とする必要があるのだろうか?」とも思います。
つまり「マンモで何かあります」⇒「エコーでは線維腺腫でした」と、解決済になっているからです。

回答

「エコーの部位はC:乳腺線維腺腫疑 左乳房内側下部で、数は1、大きさは13×6mmB:乳腺嚢胞 右乳房 左乳房内側上部 数は各1~2、最大5mm」「マンモグラフィの部位はD2:乳房腫瘤疑 左乳房下部」
⇒エコーとマンモで見ている部位は一致しているようです。
 エコー所見で「癌疑い」とか「腫瘍疑い」と記載せずに、「線維腺腫疑い」としているところをみると「ほぼ良性腫瘍(線維腺腫)」とみて良さそうです。
 ○大事なことは、もしも受診した医療機関でも「検査技師さんが実際にエコーして、医師はその画像をチェックするだけ」であれば、「検診をもう一度やるだけ」で全く無意味と言えます。
  是非、「医師が自らエコーする」医療機関を選びましょう。
 
「このような場合、マンモグラフィで引っかかっているのは乳腺線維腺腫の可能性が高いのでしょうか。」
⇒線維腺腫の可能性が高いです。
 部位からみても「同じものを見ている」と考えられます。
 
「パニック障害がありメイラックスとリフレックスを飲んでいるのですが、飲まないほうがいいですか?」
⇒通常通り飲んでください。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up