Site Overlay

トリプルネガティブ乳癌早期発見時の抗がん剤必要性について

[管理番号:8111]
性別:女性
年齢:58歳
病名:浸潤性乳管がん(トリプルネガティブ)ステージⅠ
症状:

9月下旬に右胸のしこりに気づき、ブレストクリニックを受診したところ
8mmのトリプルネガティブ、浸潤性乳管がん、グレード3と診断され手術を受けるために大学病院を受診しました。

・造影剤を用いたMRI検査では径11mmだったこと
・今年1月のマンモ撮影で異常なしだったこと
それらを踏まえ、早期増殖を懸念し切除手術を先に行い
術後、半年の抗がん剤治療(EC療法+ドセタキセル)
   放射線 25回
の治療方針で合意しました。

11月中旬に手術し、病理組織診断の結果が以下になります。

Histological grade:Ⅱ(t3n2m1)
Tumor size: 4×4mm,pT1a f, Ly+,V-,pNO(0/1)
Estrogen:0%  Progesteron:0%
Ki-67 index: 10-15%
Hercep test: 0
HER2 gene amplification:negative
リンパ節転移 0/1
リンパ管侵襲を認めますが静脈侵襲像は認めません
切除断片は陰性

がん組織の径が4mmだったことから、抗がん剤治療が必須ではないとの説明を受け、どうすべきか悩んでいる状況です。

考える時間が欲しいのもあり、放射線治療を先に行うことをまず決めました。

・術前検査で11mmだったのが、実際4mmというのはありうることでしょうか。

・トリプルネガティブ4mmで抗がん剤治療を行わなかった場合
  抗がん剤治療を行った場合と比べて再発リスクは何%程度上がるでしょうか。

先生が「5mm以下なら抗がん剤不要」とおっしゃられているのを拝見し、
抗がん剤の副作用の苦しみから解放されるのでは、と期待しつつも
看護師さんからの「今なら抗がん剤治療は半年だけど、再発時は無期限になりますよ」という言葉が引っ掛かって決心がつきません。

どちらに踏み切るにしても、背中を押していただけるアドバイスがいただけたら幸いです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

超早期がん、早期発見早期治療大変良かったです。

「・術前検査で11mmだったのが、実際4mmというのはありうることでしょうか。」
→画像診断と病理診断が乖離するのは仕方がないことです。

「・トリプルネガティブ4mmで抗がん剤治療を行わなかった場合
  抗がん剤治療を行った場合と比べて再発リスクは何%程度上がるでしょうか。」

→そもそも4mmでのデータはありません。(再発率自体低いので上乗せは殆ど無いと思われます)

「先生が「5mm以下なら抗がん剤不要」とおっしゃられているのを拝見」
→その通りです。(当院なら抗がん剤しません)

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up