Site Overlay

妊娠中の脇のしこり

[管理番号:3197]
性別:女性
年齢:30歳
脇の下のしこりについて。
只今妊娠中ですが、妊娠中に急に脇にしこりができました。
副乳かなと思っているのですが、副乳だと皮下にあるので摘めるとみたのですがつまんだりはできません。
副乳でも摘めない事はありますか?
ちなみにバンザイした状態だとしこりの形が分かりづらくすじみたいに硬いかんじで、腕を降ろして触るとコリコリと形がわかりやすくなります。
副乳なのか硬い気がするので副乳癌なのではと不安になっています。
場所はバンザイした時にできるくぼみのほんの少し腕側で、腕をとじると体側なきもします。
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
副乳癌は「非常に低頻度」です。
私の様に「年間300以上手術」をしていても「数年に1回」くらいしか出会いません。
(つまり0.1%以下だということです)
実はタイムリーなことに最近「副乳癌の手術」をしたところでした。
重要なことは「副乳は(通常の)胸にある乳腺」とは異なり「皮下浅い部位に存在(つまり皮下脂肪が薄い(殆ど無い))」しているということです。
何が言いたいのかと言うと(通常の胸にできる)「乳癌の触診が何故難しいのか?」
というと、それは「乳腺は厚い皮下脂肪の奥に存在」しているため「硬い筈の癌」が「触知しずらい」のです。
 それに比べれば「皮下浅くに存在する副乳に癌が出現」すれば『誰がどう触っても、これは癌だ』と解る位に硬く触知します。
○つまり「副乳癌の触診は(通常の乳癌に比較にならないくらい)容易」であり、決して迷う事は無いのです。
 
「只今妊娠中ですが、妊娠中に急に脇にしこりができました。副乳かなと思っているのですが」
⇒その通り副乳です。
 妊娠中には「胸の乳腺が発達」するように「副乳の乳腺も発達」するのです。
 
「副乳だと皮下にあるので摘めるとみたのですがつまんだりはできません。」
「副乳でも摘めない事はありますか?」
⇒副乳は「平べったい」のでそう簡単に「摘めません」
 勿論(妊娠がすすみ)どんどん「発達」すれば「ごろっと摘める」ようにはなります。
 
「副乳なのか硬い気がするので副乳癌なのではと不安になっています。」
⇒上記コメントでお解りでしょうか?
 副乳癌は(もし本当にあれば)「これは硬い!癌に違いない」と絶対に感じるのです。(そこが皮下脂肪の厚い乳腺にできた乳癌との決定的な違いです)
 御心配なく。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up