Site Overlay

肉芽種性乳腺炎か悪い物か不安です

[管理番号:8938]
性別:女性
年齢:33歳
病名:肉芽種性乳腺炎か悪い物か…
症状:胸のしこり 腫れ 痛み 関節の痛みと足のスネの痛み
投稿日:2020年10月14日

先生すみません。

以前も質問させていただいたのですが、自分の質問番号が見つけられず改めて質問させていただきました。

お忙しいところ大変申し訳ありません。

3月に赤く腫れるしこりができそのときは膿もなく、超音波で乳腺炎と診断。

6月に今度は乳輪の横が赤く腫れ今度は膿が溜まっているとのことでドレーンを入れました。
その間も3月に腫れた所は赤くなって腫れたりそうでなかったりを繰り返していましたが、そちらも再度質問すると今までの所は乳腺症でしょうとのことでした。

ドレーンを入れた際、乳がんの可能性もあるが赤みが引いて治ってみないことには分からないと言われ、子どももまだ小さいため食事もできなくなるほど不安になってしまいました。

同じときに「肉芽種性乳腺炎かもしれない」と言われました。

ドレーンを1ヶ月入れ膿がなくなったらマンモトームをしましょうということで、1ヶ月後に膿がなくなったためエコーをしました。

その際、「組織検査は?」と主治医に聞くと「画像を見る限り必要ない」と言われました。

その1ヶ月後にまた再発し…その際主治医には「これは肉芽種性乳腺炎でなかなから治らない。
またドレーンをいれてもいいし、保存的治療で様子を見ていってもいいし最終手段はステロイド」と言われ、ドレーンは入れずに帰りましたが帰宅後すぐに、以前ドレーンを入れた傷口から自壊しました。

それからまた1ヶ月後、赤く腫れ痛みが出て受診。

ドレーンを入れましたが、「出てくる膿が透明じゃないから、肉芽種性乳腺炎みたいな感じではない」「細菌感染の乳輪下膿瘍とがんの両方を視野に入れて治療」と言われ、「ドレーンでよくならないからその部分を焼くなどの手術もしないといけないかもしれない」と。

以前自壊したときにも出てきたのはクリーム色の様な物でした。

以前は「肉芽種性乳腺炎」と言われたので悪い物ではないと安心していたのですが、またここに来て…と二転三転で精神的に疲れてしまいました。

「手術の前にステロイドを使ってみることは?」と聞きましたが、「肉芽種性乳腺炎だったらステロイドも使ってみることもできるけど、それかどうか分からないから使えない。
肉芽種性乳腺炎だったら半年~1年治るのを待つしかない」とのことで、見る限りは膿、細菌感染と言われました。

なら何故あのときに組織検査してくれなかったのか…と思ってしまい。

主治医の先生もたくさん患者さんを見ていますし、以前言ったことを忘れてしまうこともあると思いますが、ずっと不安に晒されています。

そして関係あるかは分からないのですが、胸の痛みや腫れが出ると足のスネや関節が痛くなります。

先生の所へ受診したい気持ちでいっぱいですが、遠方な上にコロナもあり今は難しいのが現状です。

自分の気持ちばかり訴えてしまい大変申し訳ありませんが、悪い物も考えないといけないのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

結論から言えば、あまりにも「ナンセンス」な診療。
診断はMMTEで100%つけるべきだし(削ることで治療も兼ねる)、治療はステ
ロイドです。

★ドレーンを入れても何の解決にもなりません。
 是非「あるあるQ」の45『肉芽腫性乳腺炎については 「今週のコラム」21,22, 28, 39, 42, 43, 44, 75をご参照ください。』をご参照ください。
 更に、『乳癌手術のブログ 2020/9/3 肉芽腫性乳腺炎の処方箋(お節介?)』も読んでくださいネ。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

お返事ありがとうございます
性別:女性
年齢:33
病名:
症状:胸のしこり 赤み
投稿日:2020年10月27日

先生、お忙しい中お返事いただきまして、ありがとうございます。

以前8636でも質問させていただいた者です。

別々になってしまい申し訳ありません。

やはり、肉芽種性乳腺炎の治療はステロイドなのですね。

主治医からは、以前は保存的治療で様子を見る手もあると言われていたのですが、今回また膿が溜まったことで、治らないためその部分を薬で焼くと言われ…痛みが伴うということだったので、
自分の中で治療方針の意味が分からず止めてもらっている状況です。

最初の受診からもう5ヶ月…「万が一悪いものだったとして、これだけ様子を見ていても大丈夫なのですか?」と質問した所、「本当にそれを疑っていたらもう組織診をしている。
今やっても炎症しか出ない。
でも、大丈夫だという保証はできない」と言われました…。

ただ、1ヶ月ですごく悪くなっているとかではないと…。

「確定診断はいつできますか?」と聞いた所、それを12月にしたかったけど、また膿が溜まったから振り出しだと。

肉芽種性乳腺炎と言われていたのに、分からないからと言われました。

こんなに確定診断がつかないものなのでしょうか?

膿が抜けた1ヶ月後には再発しまた膿が溜まることを3回ほど繰り返していて、しこりも硬くなったり柔らかくなったり…膿が抜けると皮膚の赤みもなくなります。

マンモグラフィーを昨年の12月に受け、エコーは昨年の10月に受けていましたが、石灰化なども含め何も異常はありませんでした。

今年の3月に急にしこりと皮膚の赤みで乳腺炎の症状が出て乳腺炎と診断されましたが、6月には今度は乳輪の横がしこりになり膿が溜まりました。

主治医には3月に腫れた方は乳腺症と言われましたが、私はそちらも肉芽種性乳腺炎なのでは?と思っており、そこから広がってきたのではないか?と思ってしまいます。

元々乳首も陥没ではないのですが、炎症が出てからは陥没気味で、膿が出るとマシになります。

この経過からは、やはり肉芽種性乳腺炎の可能性が高いのでしょうか?

悪いものの可能性もと言われ続けて不安になってしまい…度々質問してしまい申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

回答は前回と変わりません。

(前回のコピペ)
結論から言えば、あまりにも「ナンセンス」な診療。
診断はMMTEで100%つけるべきだし(削ることで治療も兼ねる)、治療はステロイドです。

いつまでも不安なままであれば、(遠方かもしれませんが)当院でMMTEして(確定診断したうえで)ステロイド治療をするのが「急がば回れ」なのでは?

★因みに、全く同じような経過の肉芽腫性乳腺炎の方が当院で診療して解決している例は「枚挙に暇がない」ですよ。
 ご参考に。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
12+
Scroll Up