Site Overlay

胸の痛みと背部痛

[管理番号:312]
性別:女性
年齢:40歳
5年前に左の乳がん(ステージ1)で温存手術、放射線治療、ホルモン療法を行いました。
タスオミンは医師と相談して昨年4月で内服終了となっています。
 
1ヶ月前くらいから右胸の痛みと右胸肩甲骨あたりの痛み(筋肉痛ほど)が続いています。
どちらの痛みも気にならない程度ですが、軽減しない為、転移しているのではないかと不安になってきました。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「StageⅠ, luminal type, 術後放射線照射及びホルモン療法(タモシキフェン4年?)」という事ですね。

回答

「転移しているのではないかと不安になってきました。」
⇒(あくまでも再発低リスクなので)転移の症状では無いと思いますが、(もし転移だとすれば、骨転移となります)腫瘍マーカーはどうでしょうか?
 術後療法終了後1年なので、一応の注意はしておいた方がいいでしょう。
 術後ホルモン療法が終了しているので、定期的診察も半年などと間隔が伸びていると思います。
 次の受診日がまだまだ先なら、「症状があるから」と、予約をして受診しましょう。
 その症状なら「肩甲骨と胸部の単純レントゲン」で十分なので、レントゲンで確認してもらうと安心です。
 ついでに「採血検査の間が空いて入れば」採血腫瘍マーカーもチェックするとより安心です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up