Site Overlay

温存手術の後に出てきたモンドール病と放射線治療について

[管理番号:3618]
性別:女性
年齢:67歳
8/(中旬)非浸潤ガンの為乳房温存で手術を受けた67歳女性です。
(この後は放射線治療のみで良いと言われています)
8/(下旬)放射線科を受診したのですが、副作用が怖くなり放射線治療を受けない手はないかと暫く間、調べたり考えたり‥。
でもやっと9/(上旬)の受診予約日には決心がついたのですが、その受診日の少し前から胸に小さな痛みがあるのに気付きました。
切除後の6cm程の傷口から下に(おへその方に向って)ピンと引っ張った筋が出て、手を挙げると少し痛いのです。
モンドール病というそうですが、血管かリンパ管の炎症だと聞きました。
放射線治療は少し治まるのを待ってみましょうと言われました。
やっと決心がついた放射線治療ですが、モンドール病がすっかり治らなくても放射線治療は大丈夫でしょうか?
又、温存手術から放射線科治療までどの位の期間、空いても影響がないのでしょうか?
お返事戴ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。
以下はこれまでの経過です。
1)6/(下旬) :マンモとエコー
結果:左2時に直径14mmの嚢胞
嚢胞の辺縁に6x3mm充実性成分を認める。
2)7/(上旬) :マンモトーム生検
結果:底悪性度のDCIS 非浸潤ガンの疑い
3)8/(中旬) :日帰り乳房温存手術
Low-grade DCISと判断。
局所麻酔で1cmのマージンをつけて治療的切
除。
4)8/(下旬) :病理組織検査
報告書より:
左乳腺c腫瘤生検3スライス。
1と3には病変は無い。
2は標本の真ん中で取り切れていると考えられる。
以上の報告を貰いました。
※又ER,PGR共に+の結果でした。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
典型的な「モンドール病」です。
「やっと決心がついた放射線治療ですが、モンドール病がすっかり治らなくても放射線治療は大丈夫でしょうか?」
⇒全く問題ありません。
「温存手術から放射線科治療までどの位の期間、空いても影響がないのでしょうか?」
⇒5カ月以内に開始すればOKです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up