Site Overlay

分子標的薬について

[管理番号:8612]
性別:女性
年齢:45歳
病名:乳癌
症状:
投稿日:2020年6月8日

術前化学療法後、手術 術後残りの分子標的薬の治療で、3週間ごとにハーセプチンとパージェタを点滴しています。

11回目の点滴が先生の都合から予定日より1週間後になります。

4週あいてしまっても大丈夫でしょうか?
以前予定変更をお願いした時前の主治医の先生は1週間後にやるのは治療効果的に進めないと言っていました。

今の主治医の先生は大丈夫と言っているのですが、先生の意見をよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「11回目の点滴が先生の都合から予定日より1週間後になります。
4週あいてしまっても大丈夫でしょうか?」

⇒無論、問題ありません。

 術前術後の分子標的薬は「(tolalで)1年間」です。
 「ゴールデンウィーク」もあれば、「年末年始」もあった(もしくは、これからある)ことでしょう。
 
 (1年間)100%スケジュール通りに行った人は「かつて一人もいなかった」に違いありません。
 ご安心を。

Scroll Up