Site Overlay

ホルモン治療中断後の妊娠中の鎖骨上リンパ節・頚部リンパ節の転移?

[管理番号:8459]
性別:女性
年齢:32歳
病名:乳癌
症状:鎖骨上リンパ節・頚部リンパ節のしこり
投稿日:2020年4月18日

田澤先生、こんにちは。
いつも、ホームページを拝読させて頂いております。
このたびは、ホルモン治療中断後の妊娠中の鎖骨上リンパ節・頚部リンパ節の転移について、お聞かせ頂ければと思います。
宜しくお願いいたします。

私は5年前、27歳の時に乳癌となり、以下の診断を受けました。

【右胸全摘+ 腋窩郭清術後病理】
腫瘍径 1.3×1.2×2cm(硬癌)
腫瘍周辺の非浸潤部の広がり 3×1×6cm
断端陰性
エストロゲン・プロゲステロン:いずれも陽性(いずれも8スコア中の6評価)
HER2:0 陰性
Ki67:10%
グレード2
リンパ節転移数:計2個
センチネル:1/1個
レベル1:1/28個
レベル2:0/3個
リンパ管侵襲・静脈侵襲ともに-
サブタイプ:ルミナールA
ステージは2B寄りの2A(T1N1M0)

術後、CMF、放射線治療を行い、ホルモン治療(タモキシフェン+リュープリン)開始から丸3年経ったところで一旦ホルモン治療を中断し、体外受精にチャレンジしました。

1年後、妊娠し、現在、妊娠6か月です。
出産予定は8月半ばで、現在、ホルモン治療を中断してからは1年7か月が経っております。

先日、術側の右側である鎖骨上リンパ節と頚部のリンパ節がひとつずつ腫れているのに気がつき、
主治医にエコーして貰いました。
結果は、それぞれ5mm×3mm、5mm×2mmで、良いか悪いかと聞かれたら悪い形に見える気もするが、小さすぎるし、
すぐに生検どうこうという話ではない。
経過観察で良いと思う。
とのことでした。

それでもとても不安なので、頼み込んで来月末に生検(乳腺外科のエコー、甲状腺エコー、及び生検を提案されました)をしてもらうようお願いしました。

しこりは固定されている感じで、くりっとしており、強く押しても痛みは全くありません。
5年前の脇の下のリンパ節転移もこんな感じだったので、
転移ではないかと疑っております。

主治医は、仮に転移だとしても、妊娠中でCT等の検査はできないし、そもそもルミナールAなので妊娠中からの抗がん剤ではなく、出産してからのホルモン治療となる。
とのことです(今抗がん剤をするのは、もったいない、とも言っていました)。

このたび、田澤先生にお聞きしたい質問は以下のとおりです。

【質問1】
転移だった場合、妊娠中にできることはなく、やはり出産後からのホルモン治療が適切でしょうか?私はてっきり、妊娠中の抗がん剤を覚悟していたのですが…。

【質問2】
生検の結果、かつてのルミナールAではないタイプの場合もあり得ると思いますが、(いつからこれらのしこりがあったのかは不明ですが、2月の5年検診にエコーしてもらったときには指摘されなかった。
進行の早いタイプで転移したのか?と不安で
す)その場合は速やかに妊娠中に抗がん剤をした方が良いでしょうか。

【質問3】
出産後から治療する場合、他臓器に遠隔転移がないか、まずはすぐに全身検査をした方が良いでしょうか。
その場合は、CTか骨シンチが適切でしょうか。

【質問4】
転移していた場合について。
出産後は急激にエストロゲン、プロゲステロンが下がり、更に授乳は乳癌リスクを下げると聞きますが、それに伴いリンパ節転移が自然に縮小するというのはあり得ませんよね?やはり授乳は諦めて、ミルク製品での育児にして、即、ホルモン治療する方が安全でしょうか。

ようやく念願の赤ちゃんを授かったところで、転移の可能性が出てきて、とても不安ではありますが、厳しくても現実と向き合って治療していかなければと思っております。

宜しくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

今回、いくつか質問が記載されていますが、
「それらの質問全てが、そもそも転移だったらという仮定のもとにある」ため「無駄な心配をしているだけ」の可能性があります。

主治医は「生検しない」という方針のようですが、「転移だったら…」といろいろ悩むくらいなら「生検すべき」と思います。(5mmあれば 普通に細胞診できますよ)

★転移かどうか調べる方法があるのに、(それをせずに)「転移だったら、どういう治療法がいいのか?」などと不安に思うこと自体ナンセンス(主治医ともう一度相談しましょう)

Scroll Up