Site Overlay

リンパ節転移について

[管理番号:796]
性別:女性
年齢:40歳
乳癌と診断され、どうして良いのかパニックと恐怖に心が押しひしがれ、絶望していましたが、このQ&Aを読ませていただき、乳癌と診断されても、正しい診断と治療を受ければ助かるということを知ることができ、本当に感謝しています。
田澤先生のような素晴らしい先生に 、このように質問させていただける場があることは本当に感謝です。本当に救われます。
先生の患者さんに対する気遣いや先生の人柄はほんとにすばらしいなと感じています。
忙しい先生に質問するのも恐縮なのですが、教えていただければと思います。
私は、1週間前に右乳房全摘+腋窩リンパ節郭清+一時再建の手術をうけたものです。
術前の検査結果では腫瘍計2.7cm、しこりには針生検をしました。
そしてエコーにてリンパ節が2つぐらい腫れているね、細胞診をしようか、ということでリンパ節を細胞診しました。そして一週間後、リンパ節陽性と出たために、乳房全摘+リンパ節郭清の手術になりました。
がしかし、「手術が終わった後10個のリンパ節をとったんだけど、転移が見つからないんだよね。術後、全摘したものとリンパ節を病理に出してみるけど、あったとしても細胞レベルで1個ぐらいだと思うよ。」
といわれました。
予想外の展開に嬉しくなって、夢みたい~だ。と思っていますが、そんなことってまれにあるものなのですか。
私の主治医は、細胞診で陽性とでても炎症でも出ることがあるんだよ、と言われました。また病理検査の結果でリンパ節転移と診断書が返ってこないか心配です。
術中、迅速病理診断というのは必ずやるものなのですか?
それとも、肉眼で見て見つからないと言っているだけなのでしょうか。
また、リンパ廓清はレベル1とレベル2を廓清しますと言われたのですが、10個リンパをとったのは、数としては少なくないですか?
まだ病理検査の結果が出ないので、不安で不安で、子供たちを見るたび、私がいなくなったら、、、どうするの?(4歳と1歳)悲しくて仕方ありません。
リンパ節の転移がなければステージ2aとなるのでしょうか。
お返事いただければ嬉しいです。分かりずらい文で申し訳ありません。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「術前のリンパ節細胞診の結果」が問題です。
 きちんと「クラス5」だったのか、それとも「クラスⅣとかクラスⅢb」のような結果で「状況的に黒」と判断して「腋窩郭清をしている」可能性はあります。

回答

「手術が終わった後10個のリンパ節をとったんだけど、転移が見つからないんだよね。術後、全摘したものとリンパ節を病理に出してみるけど、あったとしても細胞レベルで1個ぐらいだと思うよ。」
⇒術中に迅速病理診断をやっていない限り、「転移が見つからない」というのは不正確な表現です。
 触診や見た目で「転移が無い」と判断することはできない筈です。
 「術前の画像診断から、想像していたような」腫れたリンパ節が見当たらなかったという事です。
 
「そんなことってまれにあるものなのですか。」
⇒(仮に、結局リンパ節転移が陰性だったとすれば)
 「細胞診結果が偽陽性だった」ということになります。
 主治医のいうように「細胞診では炎症でも陽性と出る」ことは無いとは思いますが、「細胞診では偽陽性は起こりえる」のです。(だから細胞診だけでの診断は危険なのです)
 
「術中、迅速病理診断というのは必ずやるものなのですか?」
⇒通常、センチネルリンパ節生検でしか「迅速病理診断」は行いません。
 だから今回は「肉眼で見て見つからないと言っているだけ」だと思います。
 
「リンパ廓清はレベル1とレベル2を廓清しますと言われたのですが、10個リンパをとったのは、数としては少なくないですか?」
⇒リンパ節個数は個人差があります。
 特に少なくはありません。
 
「リンパ節の転移がなければステージ2aとなるのでしょうか。」
⇒その通りです。
 pT2, pN0, pStageⅡAとなります。
 但し、腫瘍径2.7cmが術後の病理診断で「最大浸潤径が変更」となる可能性もあります。
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:862「術前細胞診で転移陽性なのに、リンパ節転移陰性」

 
 



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up