Site Overlay

乳癌検診での腋窩リンパ節腫大について

[管理番号:3819]
性別:女性
年齢:32歳
初めて質問させていただきます。
母が乳癌のため乳癌検診を受けました。
結果は
視触診 異常なし
乳腺エコー 異常なし
マンモグラフィ 左側の腋窩リンパ節腫大
でB判定で経過観察でした。
自覚症状は全くありませんでしたので驚いています。
マンモグラフィの腋窩リンパ節腫大とはどのような意味でしょうか?
診断結果の通り経過観察していいのでしょうか?
専門医に再検査してもらった方がよいですか?
子供が一歳半で8か月前まで授乳していましたが関係ありますか?
またすぐにでも二人目がほしいのですが少し待った方がいいでしょうか?
(妊娠によりマンモグラフィなどの検査が受診できなくなるため)
お忙しいところ申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「マンモグラフィ 左側の腋窩リンパ節腫大でB判定で経過観察」
⇒そもそも「経過観察」とする事自体が「誤り」です。
 これは「異常無」です。(きっと、経験不足の医師による評価なのでしょう。私で
あれば、完全に無視します)
 是非3808「リンパ節の石灰化」を読んでください。
「マンモグラフィの腋窩リンパ節腫大とはどのような意味でしょうか?」
⇒正常なリンパ節もマンモグラフィーに写るだけの事です。
 私なら、そんな所見は「完全に無視」します。
「診断結果の通り経過観察していいのでしょうか?」
⇒「経過観察など不要」です。
「専門医に再検査してもらった方がよいですか?」
⇒1000%不要です。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up