乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:5764]
性別:女性
年齢:50歳
田澤先生はじめまして。
母親が8月末にしこりを見つけ通院しはじめてからこのサイトに出会い、何度助けていただいたかわかりません。
いつもありがとうございます。
10月下旬に右胸全摘手術を受けた母の病理の結果が出ましたので初めて質問させていただきます。
stage1 浸潤径 11mm pt1c
リンパ節転移 なし
脈管浸潤 なし
ホルモン受容体 弱陽性(ほぼ陰性というお話でした)
HER2 1+
核グレード 3
ki-67 30-40%
luminal B like
術後の再発予防治療として抗がん剤と様子を見てホルモン剤とのお話でした。
抗がん剤はアンスラサイクリン系のEC療法を4クール+ジーラスタとタキサン系(パクリタキセル、ドセタキセル)を12クール行います。
ここで質問が4点あります。
①母は以前健康診断で洞性不整脈と診断されたことがあります。
アンスラサイクリン系の抗がん剤は心機能が低下するリスクがあり、抗がん剤投与開始前に心エコーをするのですが、これに引っかかり投与ができないということはありますでしょうか?
②田澤先生のたくさんの方に対するお答えを拝見して参りましたが、母のようなケースで抗がん剤とホルモン剤治療をすれば再発リスクが10%程になることは理解しました。
医学的に低リスクということはわかりますが、私からすると10%も高い確率のように思えてしまいます。
実際のところ先生が診られてきた患者さんでこのようなケースの再発の頻度は
どのくらいなのでしょうか?再発はやはり運次第としか言いようがないのでしょうか?
③ホルモン受容体がほぼ陰性ということですが、このような場合でもホルモン剤によって再発リスクを下げることはできるのでしょうか?
④ジーラスタの副作用についてですが色々な方の体験談を見ると痛みがひどいようです。
これはほとんどの方に見られる症状ですか?
ご回答のほどよろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
 
「洞性不整脈と診断」「投与開始前に心エコーをするのですが、これに引っかかり投与ができないということはありますでしょうか?」
⇒洞整不整脈は正常範囲です。
 心配ありません。
「実際のところ先生が診られてきた患者さんでこのようなケースの再発の頻度はどのくらいなのでしょうか?」
⇒感覚的には「5%未満」に思います。
「再発はやはり運次第としか言いようがないのでしょうか?」
⇒0ではないのですから…
 究極的にはそういうことです。
「③ホルモン受容体がほぼ陰性ということですが、このような場合でもホルモン剤によって再発リスクを下げることはできるのでしょうか?」
⇒1%でもあれば、行うべきとなっていますが…
 本当のところは解っていません。
「④ジーラスタの副作用についてですが色々な方の体験談を見ると痛みがひどい」
⇒この手の記事は…
 「症状が酷い」人がネットに書きこむから、生まれるバイアスです。
 実際には(圧倒的に多い)副作用の殆ど無い人達は敢えて、「ジーラスタの副作用はない」などの記事をネットに書きこむと思いますか??
 人間の心理として「酷く無いことを、酷く無い」とはわざわざ表明しませんが、
「酷くて大変だった時には、(声を大にして)凄く大変だったよー!!」的に言いたくなるのです。
「これはほとんどの方に見られる症状ですか?」
⇒私はTCの方全てに投与していますが…
 ジーラスタの副作用を訴える方は、「ごくごく少数」です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。