Site Overlay

境界型葉状腫瘍について

[管理番号:5246]
性別:女性
年齢:46歳
田澤先生
いつも、こちらのQ&Aを拝見させていただいています。
46歳 女性。
葉状腫瘍については、ネットでの情報がなかなか少なく、こちらを参考にさせて
いただいており感謝しております。
そこで田澤先生のご意見を伺いたくご連絡させていただきました。
よろしくお願いいたします。
平成29年4月終わりくらいに何気なく左下のしこりに気づき、その後、生理周期関係かと思い様子見をしておりました。
大きさは2センチくらい。
周りが柔らかく弾力があり生理が終わるとしこりも、やや小さくなるようでしたので、あまり気にかけておりませんでした。
その後、忙しい日々を過ごしてきたのでしばらく考えることもなく時間が過ぎていきました。
しかし7月、やはりまだ消えることのないしこりを気にし始め、総合病院の乳腺専門科へ初診で伺いました。
その後、約一か月にわたり検査(マンモグラフィ、エコー、組織針生検(ばね式)を一通り済ませ、その間、主治医は画像上では良性の繊維線種であろうともおっしゃっておりました。
つい先日、組織診断の結果が出て、葉状腫瘍の中間との診断結果でした。
中間ということなのでボーダーのことを意味していると思います。
主治医曰く、来月に局部麻酔で1時間くらいの摘出手術をするとのこと。
その際に少し大きめにとるので、乳房の多少の変形があるとおっしゃっております。
しこりの大きさは2.3センチくらい。
おそらく私が触診で初めて気づいた4月の大きさとさほど変わりはないと思います。
主治医は摘出しその後は病理の結果次第だね。
その時また今後のことを
考えようといっていました。
上記内容だけで細かい腫瘍の説明はありません。
葉状腫瘍に関してはこちらのサイトで何度も参考にさせていただいておりますので
なんとなくの理解はしていました。
ただ、境界型葉状との病理の結果で、摘出後の結果がさらに悪い悪性だと命取りになる
恐れがあることの異常な不安を抱えております。
また総合病院とのことで流れ作業なイメージがあり主治医は乳腺専門医でもあり、信頼できるようですが言葉少なく短時間での省いた説明にも不安です。
針生検でボーダーということですが、摘出手術をしたのちのに悪性になる確率は私の場合、どのくらいあるのでしょうか?
また田澤先生の仰る初めの手術が再発に大きく影響するということは、私の中でもしっかり理解しておりますが、肝心の主治医から何センチのマージンを取るかも聞いてません。
主治医が日帰り手術でしっかりマージンとって摘出するかも不安です。
大き目にとることは仰ってましたが。
私の場合、マージンは何センチくらいなら大丈夫でしょうか?
まとまりない文章で申し訳ございませんが、ぜひ、田澤先生のご意見を
伺いたく
失礼ながら質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
参考になるのは
1.担当医が「画像上では良性の繊維線種であろう」
2.大きさが2.3cmくらい
☆「大きさ」は葉状腫瘍にとっては、かなり重要な要素となります。 小さい悪性葉状腫瘍は稀だからです。
 乳癌とは、その点では全く対極にあると言えます。
上記より、「悪性葉状腫瘍の可能性はほぼ無い」と思います。(境界悪性さえ、意外に思います)
「針生検でボーダーということですが、摘出手術をしたのちのに悪性になる確率は私の場合、どのくらいあるのでしょうか?」
⇒殆ど、無いでしょう。
「私の場合、マージンは何センチくらいなら大丈夫でしょうか?」
⇒境界悪性なら「最低1cm以上」ちなみに(私なら)「2cmはとります」
 
 

 

質問者様から 【質問2】

葉状腫瘍
性別:女性
年齢:46歳
田澤先生
先日は、敏速なご対応、ありがとうございました。
その後、手術の説明を聞きに診察に行ってきました。
そこで田澤先生にご質問させていただきたく、失礼ながらまたメールさせていただきます。
・病理結果
葉状腫瘍の疑い
結合織は紡形細胞の増生、束状、交錯状を呈し細胞密度増が見られる。
個々の細胞では弱好酸性の細胞質有するものも混在しています。
核縦軸方向への腫大や軽度の大小不同がみられます。
検体中7個の分裂像みえる。
腺管は類円型小型から拡張、延長を伴う大型のものが混在する。
軽度の分岐、腺上皮に重層化もみられる。
ボーダーカテゴリーの可能性。
腫瘍の大きさは2.3センチ。
境界悪性葉状腫瘍。
質問1:上記内容ですがやはり結果がよくないでしょうか?摘出後の病理の診断が不安です。
・手術は2センチマージンでお願いしてきました。
しこり乳房下。
乳首から指3本分下、乳房下に付け根から指2本分くらいの位置。
したから掴むようにするとしこりが、しっかりつかめる感じです。
前から触ると皮膚の近いところにしこりが触れます。
主治医は皮膚は切れないとのことも言ってました。
質問ですが2センチといっても2センチ取り切れない位置でしょうか?
また皮膚は切れないとのことですが皮膚も関係してきますか?
まったく理解できずに不安要素ばかりが次々、でてきます。
また、田澤先生に診てもらうことは可能でしょうか?その場合、手術の順番待ちは長いでしょうか?診察だけなら早い内に診ていただけますか?日時は何時でも可能です。
現在の病院が来月初旬予定ですが、一生がかかっているので初回手術に田澤先生のことが離れません。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
「質問1:上記内容ですがやはり結果がよくないでしょうか?摘出後の病理の診断が不安です。」
⇒「細胞密度増」「軽度の大小不同」「検体中7個の分裂像」からすると、(たしかに)小さいながらも「良性とは言えない=境界悪性」となりそうです。
 悪性の所見ではありません。
「質問ですが2センチといっても2センチ取り切れない位置でしょうか?」
⇒全く問題ありません。十分に取れます。
「また皮膚は切れないとのことですが皮膚も関係してきますか?」
⇒皮膚は(悪性でない限り)不要です。
「手術の順番待ちは長いでしょうか?」
⇒それほどでは無くなりました。
 金曜日の増枠(2⇒5)がかなり効いています。
 乳癌や大きな葉状腫瘍を優先するとはいえ、2カ月以内には可能な状況です。
「田澤先生に診てもらうことは可能でしょうか?その場合、診察だけなら早い内に診ていただけますか?」
⇒秘書メールすると「予約案内」します。

秘書室へメールは、
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 
 
 

 

質問者様から 【質問3】

葉状腫瘍
性別:女性
年齢:46歳
田澤先生
葉状腫瘍の境界型で先日、緊急手術をしました。
腫瘍軽2.8マージン2センチ依頼。
本来であれば田澤先生のオペを強く願ってましたが、腫瘍の痛みと腫瘍軽度が大きくなったため緊急で手術に臨みました。
術後10日くらい経ちましたが、(左胸の乳房、乳輪すぐ下あたりにしこり)術後、かなり変形するかと思ったら右に比べそんなに変形してません。
手術自体は1時間くらいで終了。
退院し10日くらいたちましたが胸の変形が右とそんなに変わることなく、右胸の手術をした側は逆三角形ですが手術をした左胸は2センチくらい上に上がった感じで乳輪下側が平らっぽくなっています。
手術の切り口は乳輪に沿って
三日月くらいにメスを入れてます。
左右全体でみるとそんなに変わりなく見えますが、下にうつむくと上記の形になっています。
また手術をした胸は横に張った感じで膨らみも右より横に張ってる感じです。
そこで質問ですが、立った状態で鏡を見るとそんなに左右変わりありません。
下にうつむくと右側(手術をしてない側)が逆三角形に2センチくらい長く下がる感じです。
また手術をした側はまだ横に胸が張ってる感じで所謂、胸のカップ数が変わらない感じなんです。
これは術後、間もないからこれから変形が分かるのでしょうか?
担当医は、術後の説明もあまりせず私かからマージン2センチで取ることが出来たか確認すると取れたとだけ答え、変形は?と聞くとかなり変形したようなことを言ってましたが
実際、家に戻り始めて鏡を見るとそんなに変形はないことに驚いてます。
もし2センチのマージンを取らずに2・8センチの腫瘍だけを取り出したとなると大事で恐ろしくなり田澤先生にメールしました。
術後でまだ腫れているからこのような変形の確認が見れないのか、それともマージン2センチとってないのか素人でわからないのです。
来週にでも担当医に改めて確認をしに行ったほうが良いのか?そのときどのような聞き方をすればよいか?教えてください。
とにかく担当医は質問すると嫌がり早く切り上げようとするので要点を
纏めていくつもりです。
腫瘍軽度2・7マージン2センチはそんなに変形しないものなのでしょうか?
もともとの乳房が小さくもなく大きい方で乳輪下にしこりがありました。
また病理検査結果が今月末にあるそうです。
その時に腫瘍軽含めマージンの長さも表記されてくるのでしょうか?それとも担当医が病理に出さないように指示すると出てこないのでしょうか?マージンの大きさを確かめる方法はありますか?
恐ろしくて夜も眠れません。
腫瘍が痛み大きくなってきても田澤先生の
手術を待てば良かったのかと後悔と不安の気持ちでいっぱいです。
もしマージンとってなかったら再手術ですよね?
どうかご回答をお願いいたします。
 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。
まずは冷静になりましょう。
ご本人が思うほど、乳腺の手術は変形しないものです。
たとえば、私は(ご家族が術当日にいらっしゃる場合)摘出標本をご家族に見せますが…
 殆どの方は「えっ!こんなに取ったの! これじゃー、とんでもなく変形しちゃっているよね?」という反応となります。
 でも、(後で)実際にご本人の乳房を見て「えっ?なんでこんなに変わらないの?魔法?」みたいに感じるようです。
 ○これは実際に魔法では無く(当たり前?)、乳房は脂肪が多いので「乳腺を大きく摘出しても、(脂肪が残っているから)以外に変形しない」ものなのです。
「もし2センチのマージンを取らずに2・8センチの腫瘍だけを取り出したとなると大事で恐ろしくなり」
⇒担当医を信用してあげましょう。
 約束を破る筈はありませんよ。
「担当医に改めて確認をしに行ったほうが良いのか?そのときどのような聞き方をすればよいか?教えてください。」
⇒わざわざ、「そのために」受診する必要はありません。
 病理結果の日に受診する際に、確認すればいいのです。
「腫瘍軽度2・7マージン2センチはそんなに変形しないものなのでしょうか?」
⇒その通りです。(冒頭でコメントした通り)
「腫瘍軽含めマージンの長さも表記されてくるのでしょうか?」
⇒マージンは通常記載されません。
「マージンの大きさを確かめる方法はありますか?」
⇒必ず病理では「割面の写真」を撮影しますので、みせてもらい実際に計測するといいでしょう。
 
 

 

質問者様から 【質問4】

境界型葉状腫瘍について
性別:女性
年齢:46歳
田澤先生
いつも大変、お世話になっております。
境界型葉状腫瘍2・8マージン2センチで摘出手術をしました。
先日の田澤先生の説得力あるご説明、またセンスあるお言葉を頂き、安心しておりました。
乳房は脂肪が多く多少、乳腺を摘出しても変形はさほどではないとのこと。
ありがとうございました。
技術が高いだけでなく、患者の心まで安心させることが出来る田澤先生を心より尊敬したいします。
これも常に患者と向き合い、高度な経験値・技術をお持ちであるからこそなのだと、つくづく感じました。
そこでまた疑問があり失礼ながら質問させていただきます。
入院中、担当医に『腫瘍は膜を覆ったまま摘出できたか?」を訊ねると「乳腺の中に入ってたので大丈夫」とのこと。
2.8センチの葉状腫瘍が乳腺の中に入っているものなのでしょうか?私は腫瘍の膜のことを訊ねていたのに上記回答がきました。
意味が分かりませでした。
もし葉状腫瘍の膜を破って摘出してたらと思うと恐ろしいです。
また、私が摘出された腫瘍が葉状腫瘍を前提に「これで終わりですね。
(手術は終わったので)」というと「病理の結果次第、ガンかもしれないし」と言ってきました。
ばね式検査で境界型葉状腫瘍との結果が出て今回、その手術をしたのに、このような回答がありました。
私が「そのような所見があったのか?」と尋ねると「ないけどこいうことも言っておかなければならない」と言ってきました。
葉状腫瘍の手術で結果、「がん」なんてあるこ
となのでしょうか?これも、よく意味が分かりませんでした。
以上、2点(1:乳腺の中に腫瘍があった。
2:外科手術の病理結果が
「がん」かもしれない)担当医の発言が意味わからずメールしました。
どうか、田澤先生に教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。
 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。
「1:乳腺の中に腫瘍があった。」
⇒全く心配ありません。
 葉状腫瘍は(当然ながら)乳腺から発生するので(大きくなって)乳腺から露出しない限り「乳腺の中」にあります。
 つまり、「腫瘍の周りに膜」がありますが、その更に周りに乳腺が覆っているのです。
 「乳腺の中に腫瘍があった」というのは、(腫瘍を露出させずに)「その周りを覆っている乳腺組織もつけている」ということなので安心なのです。


「2:外科手術の病理結果が「がん」かもしれない)」
⇒これは、あくまでも「非常に低い可能性」のことを言っているだけです。
 ごくごくたまに(1%?)「葉状腫瘍を摘出」してみたら「非浸潤癌が併存していた」という例があります。
 
 担当医は本気で、そんな「超レアケース」を想定している訳ではないと思いますよ。
 単に、「何事も、結果が出るまでは気を抜くなかれ」というような慎重な態度の表れでしょう。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
Scroll Up