Site Overlay

胸壁再発について

[管理番号:3378]
性別:女性
年齢:49歳
はじめまして。
いつもこちらを読ませていただいて落ち込む心を落ち着かせています。
7年前に左乳がんを温存しています。
位置は内側上部です。
年月が経っているので忘れていることもありますが、
浸潤ガン(硬ガン)1.7cm
ホルモンどちらも(+)
HER2 2+(FISH陽性)
センチネルリンパ節で転移なし。
脈管かリンパ管浸襲どちらかが(+でした)
術後は抗がん剤治療
名前は忘れましたが赤い点滴を3週間ごとを4回、その後ハーセプチンとタキソールを毎週12回、その後ハーセプチンのみを点滴。
放射線治療を30回
ホルモン治療(リュープリン2年、ノルバデックス継続中)
術後7年経って、ちょうど放射線を当てただろうギリギリ外側の胸壁に再発をしました。
針生検でHER2は1(念のためFISHして-)
ホルモン+で、前回のが再発したであろうということです。
他の場所に転移はありませんでした。
初発でフルコースの治療をしたにも関わらず再発してしまい、かなりおちこんでしまいました。
今回は局所再発ですが、これから転移などが出てくるかと思うと気持ちをどう持てばいいのか正直わかりません。
手術は胸壁腫瘤切除術+筋皮弁術です。
左は全摘します。
放射線は前回と重なるのでできないそうです。
ここからの完治は望めるのでしょうか。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
胸壁再発との事。お気持ち、お察しします。
ただ、位置関係がイメージしずらいですね。
「位置は内側上部」「ちょうど放射線を当てただろうギリギリ外側の胸壁に再発」「手術は胸壁腫瘤切除術+筋皮弁術」
⇒どうしてもイメージし難く感じます。
 「腫瘍がもともと存在していた部位とは、随分離れた胸壁に再発」ということになります。
  しかも筋皮弁が必要となると「深い」のでしょうか?
  ○通常、(もともとの)腫瘍から離れた部位の再発は「乳房内再発」、近接した部位では「胸壁再発」となりがちですが、今回は(遠くの)「乳腺では無く、胸壁」となるようです。
「今回は局所再発ですが、これから転移などが出てくるかと思うと気持ちをどう持てばいいのか正直わかりません。」
⇒あくまでも「局所再発」ですから「遠隔転移再発とは無関係」と思います。
「ここからの完治は望めるのでしょうか。」
⇒十分望めます。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up