Site Overlay

繰り返す乳腺炎としこり

[管理番号:1394] 性別:女性
年齢:41歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1564「乳輪下膿瘍の根治術

 
 
第2子出産後から乳腺炎を度々繰り返しています。
授乳期もでしたが、授乳終了後の方がひどく、
4年前は1度外来で切開排膿したものの改善がみられず、半月間入院して排膿しました。その後落ち着いて
ましたが、昨年再びしこりができてしまい再度外来
で切開排膿しています。
そして今回、また気づいたらここ1ヶ月の間に
またしこりが出てきました。
今までは左乳房の上部(乳輪に近い位置)でしたが、
今回は同じ左乳房の下部です。触るとこりこり
しますが、しこり以外の症状(皮膚が赤くなる、
発熱等)はいまのところありません。
今回も乳腺炎の再発と考えてよいのでしょうか?
それとも他の病気の可能性があるでしょうか?
診察は経過観察で半年ごとに受けていて、来月に
ありますが、早めるべきか悩んでいます。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「乳腺炎」ですね。
乳腺炎には①「(授乳期の)鬱滞性乳腺炎」と ②「(乳管閉塞による)乳輪下乳腺炎(膿瘍)」、 ③「慢性肉芽腫性乳腺炎」があります。
質問者の場合には「今までは左乳房の上部(乳輪に近い位置)でした」とあるので上記②乳輪下乳腺炎からの「乳輪下膿瘍」だったと思います。
「陥没乳頭」は無いのでしょうか?(陥没乳頭は乳輪下乳腺炎の原因となります)
 ♯但し、「陥没乳頭以外の原因」で「乳管閉塞⇒乳輪化膿瘍」となることもあります。

回答

「触るとこりこりしますが、しこり以外の症状(皮膚が赤くなる、発熱等)はいまのところありません。」
⇒要注意です。
 「乳輪下乳腺炎の再燃」と決めつけるべきではありません。
 
「乳腺炎の再発と考えてよいのでしょうか?」
⇒疼痛も熱も無いのであれば「乳腺炎と考えるのは危険」なのです。
 
「それとも他の病気の可能性があるでしょうか?」
⇒腫瘍の可能性があります。
 「疼痛も熱も無い」のであれば「炎症ではない」と考えるべきです。
 
「診察は経過観察で半年ごとに受けていて、来月にありますが、早めるべきか」
⇒早めましょう。
 今回は(経過観察としてではなく)「しこりを自覚」なのです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up