乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:2225]
性別:女性
年齢:50歳
術後治療について迷いがあり、質問させていただきます。
ステージⅠで部分切除手術を受けました。
その後の病理結果は
硬癌、脂肪浸潤
リンパ菅、血管浸潤はなし
リンパ節転移なし
核異型度3
大きさ 10.5ミリ
ki67:17-23
ER陽性(7)PR陽性(7)
遺伝子増幅無
ルミナールB
で、放射線治療とホルモン治療に加え抗がん剤治療は受けるべきでしょうか。
どうお考えでしょうか。
病院からは核異形度3と大きさ、ki67値から抗がん剤治療を受けた方がいいかもしれないけど、副作用もあるので、どうしますかと聞かれました。
迷います。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
まず腫瘍径10.5mmということ。「腫瘍径が小さい」ことはとても重要です。
pT1c(10.5mm), pN0, luminalA?, NG3
「病院からは核異形度3と大きさ、ki67値から抗がん剤治療を受けた方がいいかもしれない」
⇒「Ki67 17-23はluminalBというよりはA」だと(私は)思います。
 
 一応St.Gallen 2015の結論としてはKi67は「10-30がグレーゾーン」ということにはなっていますが、実際のvotingでは「20-30%の間に境界がある」としう意見が最多
だったのです。
 更に、「核グレードが3」などというよりは「腫瘍径が10.5mmと小さい」事の方がとても重要です。
 積極的に「抗がん剤を勧める状況」とは思いません。
 化学療法による「上乗せ効果」は僅か2%程度となります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。