Site Overlay

母の乳がんについて

[管理番号:1572]
性別:女性
年齢:46歳
初めまして。母の現状について、何かできる事がないか相談させて下さい。
母は、昨年の一月にトリプルネガティブ乳がんが見つかり、手術・抗がん剤・放射線治療を行いました。しかし、今年の春に、骨・肺に転移が
見つかり、今は抗がん剤治療を行っています。
しかし、未だに母に合う抗がん剤が見つからず、いろいろな抗がん剤を試している最中です。
上手く今の担当医とコミュニケーションがとれず、セカンドオピニオンを進めているのですが、母は「どこに行っても同じ」と言って聞きません。
担当医の話だと、一生抗がん剤を投与し続けることになると聞いています。
効いているのかいないのかわからないまま、副作用がでてしまい違う抗がん剤に変えるばかりです。他に治療法はないのでしょうか。
また、アバスチンの副作用で、手術したあとが化膿し、手術後に穴があきました。
このままひどくなる場合は、胸を全摘出しましょうと言われています。
このまま、今の病院で治療を続けさせていいのでしょうか。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
術後1年あまりでの再発ですね。
お気持ちお察しします。
乳癌の再発治療では「一般的に有効と考えるもの」から順番に試していく事しかありません。
「どの抗がん剤が、どの程度効くのか?」誰にも解らないのです。

回答

「未だに母に合う抗がん剤が見つからず、いろいろな抗がん剤を試している最中です」
⇒仕方が無い事なのです。(上記コメント通り)
 
「効いているのかいないのかわからないまま、副作用がでてしまい違う抗がん剤に変えるばかりです。他に治療法はないのでしょうか」
⇒残念ながら「他には治療法は無い」のです。
 
「アバスチンの副作用で、手術したあとが化膿し、手術後に穴があきました。このままひどくなる場合は、胸を全摘出しましょうと言われています」
⇒全く「どのような状況なのか不明」ですが…
 もしも「温存乳房内に局所再発」するような状況であれば、「局所コントロール目的として」(手術可能なうちに)「全摘をする」ことをお勧めします。
 
「このまま、今の病院で治療を続けさせていいのでしょうか」
⇒間違った治療をされている訳ではないようです。
 担当医を信じてみましょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up