Site Overlay

アンスラサイクリン系の抗がん剤の使用について

[管理番号:3525]
性別:女性
年齢:57歳
田澤先生、
このQ&Aに出会え、不安が解消でき、本当に感謝しております。
現在57歳になり、7月の人間ドックで左胸にガンがみつかりました。
Q&Aの中に出てくる表記と違うところがあるので、理解できていない部分もありますが、そのママ記載させていただきます。
It.C areaに22×19×21㎜大のenhancement massあり
不整形でscirrhous ca.+周囲浸潤を疑う
病変は胴部に限局 病変最乳頭端から乳頭まで19mm
副病変の所見なし
リンパ節腫大の所見なし
乳頭線管癌由来の硬癌を認める
リンパ管侵襲(+)脂肪織浸潤(+)、DCIS巣(+)
核異型度:Grade2(NA2+MI2)
ER:Score 3b(占有率:90%以上)、
PgR:Score 2(占有率:10%未満)、
HER2:陰性 Score 1+
ki-67標識率:14.8%
luminal Bタイプでしょうか?
主治医には「どちらにしますか?」ということでしたので、
術前抗がん剤ではなく、全摘手術の先行を選びました。
いかがでしょうか?
抗がん剤は、「タキサン系は効かない」と言われ、
アンスラサイクリン系の抗がん剤を使うそうですが、
どこでわかったのでしょうか?
アンスラサイクリン系の抗がん剤の「心毒」が書かれており、
つわりも非常に強かったので、不安です。
手術後の検査結果を見ないとわからないのかもしれませんが、
術後の抗がん剤は、投与したほうがいいのでしょうか?
できれば、ホルモン療法のみにしたいのですが、
主治医からは「(術前にやらなかったので)術後は抗がん剤を勧めます」と言われています。
1回は抗がん剤を試みてみたほうがいいのでしょうか?
お考えをお知らせいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「luminal Bタイプでしょうか?」
⇒luminalAです。
「術前抗がん剤ではなく、全摘手術の先行を選びました。いかがでしょうか?」
⇒当然です。
 術前抗がん剤の唯一の適応は「小さくして温存」です。
 「全摘希望」なのであれば、「術前抗がん剤など、適応外」です。
「抗がん剤は、「タキサン系は効かない」と言われ、アンスラサイクリン系の抗がん剤を使うそうですが、どこでわかったのでしょうか?」
⇒全く根拠がありません。
 担当医の「主観」のようです。
「術後の抗がん剤は、投与したほうがいいのでしょうか?」
⇒何を根拠に「抗がん剤を勧める」のか全く不明です。
 ただ、手術標本で「病変全体のKi67を確認すべき」です。
「主治医からは「(術前にやらなかったので)術後は抗がん剤を勧めます」と言われています。」
⇒全く根拠がありません。
 もしも、そのような(主観的な治療方針をごり押しするような)担当医ならば、是非「Oncotype DX」をして「抗がん剤をしなくてもいい動かぬ証拠」を突き付けてあげてください。
「1回は抗がん剤を試みてみたほうがいいのでしょうか?」
⇒全く無意味。
 問題外です。
 担当医の「頭の中」を一度見てみたいものです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up