Site Overlay

骨転移の心配

[管理番号:3403]
性別:女性
年齢:38歳
今日は骨転移についてお聞きしたいです。
先生、宜しくお願い致します。
私は昨年6月、T1M0N0ルミナルAで右温存手術、放射線治療’30回し、現在ホルモン療法中です。
4、5日前から左側の肋骨が咳やくしゃみ等すると響いて痛みます。
じっとしている時は痛みません。
特に風で咳が続いたとかいうわけではなく、たまたまの咳で気づいた次第です。
骨転移は安静時も痛むと聞きましたが、私のような場合は心配しなくても良いのでしょうか。
5月に行った血液検査では異常なしでした。
それで安心していてよいものなのか不安です。
直ぐにレントゲンや検査すべきでしょうか。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「4、5日前から左側の肋骨が咳やくしゃみ等すると響いて痛みます。じっとしている時は痛みません。」
⇒様子を見ましょう。
 「咳やくしゃみ」で「アバラが痛くなる」ことは、全く普通なことです。
  その程度のことで心配していたらきりがありません。
「骨転移は安静時も痛むと聞きましたが、私のような場合は心配しなくても良いのでしょうか。」
⇒様子をみましょう。
 咳やくしゃみが治まって、暫くしても「痛みが増強」するようならば、(その時に)レントゲン検査すべきなのです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221

Copyright © 2020 江戸川病院 乳腺外科. All Rights Reserved.
Scroll Up