乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7047]
性別:女性
年齢:43歳
病名:粘液癌
症状:

初めまして、よろしくお願いいたします。

自分でしこりを見つけ、10月に乳がんとの確定診断を受けパニックになっているところ、先生のこちらのページを見て冷静になることができ救われたものです。
2017年6月に健診にてマンモを受けた際には問題なしでした。

11月に部分切除の手術をうけ、リンパ節転移なし、術後の病理検査にて切り口にも癌が見られなかったとのことで安心していたところ、ki67の数値が50%と高値のため抗がん剤(TC×4回)が必要と言われ再びパニックに陥っております。
術前には抗がん剤は不要なタイプと言われていました。
サイズは2.1センチ、ステージはⅡaとのことです。

叱られてしまいそうですが、ki67が高いと悪性度が高く予後が悪い、ルミナールb は悪性度が高く予後が悪い、というようなサイトを目にしてしまい振り回されております。

また主治医から、1年前のマンモでうつっていなかったというのもこの数値が高いことに関係があるのかも、と言われたのですが関係ありますか?単なる見落としかと思っていたのですが。

先生がおっしゃっているように、予後はステージで(Ⅱaだから悪くはない)、この数値は治療方針の決定に有効なだけ、との認識で合っていますでしょうか?

上記の質問とは矛盾してしまうかもしれませんが、不安で仕方がないので質問させてください。

ki67が高いとガンが全身に散らばっている可能性が高いのでしょうか?
それとも散らばっている場合に再発する率が高いということでしょうか?

粘液癌は進行が遅く大人しいガンと学会のサイトで見かけ安心してしまっていたのですが、ki67が高値の場合はあてはまらないのでしょうか?
そういうことではなく、先生がおっしゃっていたと思うのですが、組織型は関係ないのでしょうか?

このような場合、オンコタイプdx はしてもしなくてもさほど変わらないでしょうか?抗がん剤は想定していなかったので激しく動揺しております。

うまく質問をまとめられているか心配ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「また主治医から、1年前のマンモでうつっていなかったというのもこの数値が高いことに関係があるのかも」
→全く根拠がない。

「この数値は治療方針の決定に有効なだけ、との認識で合っていますでしょうか?」
→その通り。

「ki67が高いとガンが全身に散らばっている可能性が高いのでしょうか?」
→無関係。
 Ki67とは、「癌細胞の細胞分裂期にある割合」にすぎません。(つまり、増殖速度)
 転移(血管内へ浸潤したり、臓器に生着したりする)とは無関係。

「組織型は関係ないのでしょうか?」
→関係ありません。

「このような場合、オンコタイプdx はしてもしなくてもさほど変わらないでしょうか?」
「抗がん剤は想定していなかったので激しく動揺」

→それならば、OncotypeDXすることが一番の解決です。

 実はルミナールAだった(抗がん剤による上乗せが無かった)ということも十分にあり得るし、(逆に)もしもルミナールBなら「悩むことなく、抗がん剤へのmotivationに繋がる」わけです。
 つまり、「どちらに転がっても」無意味な思考の堂々巡りからは解放されるのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。