Site Overlay

術後の治療

[管理番号:4291]
性別:女性
年齢:49歳
 
抗がん剤治療をするべきか悩んでます。
pT2 .f.ly1.v0
22×17mm
ER+6
PgR+6
Her2 2+ fish 陰性 0.9
ki67 17%
センチネルリンパ 1/2
腋窩 0/5
核グレード 1
異形 2
分裂1
脈管浸潤 +
血管 0
 
術後の治療でTC4回を薦められています。
拒否しても大丈夫でしょうか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
 
「術後の治療でTC4回を薦められています。」
⇒何故化学療法を勧めているのか理解に苦しみます。
 
 おそらく「リンパ節転移があった」ことによるものでしょう。
 しかし実際は「ルミナールAなので、化学療法による上乗せは殆どない」筈です。
 
「拒否しても大丈夫でしょうか?」
⇒私なら、最初から「抗ガン剤の提案などしません」
○どうしても担当医が粘るなら、「目に見える証拠としてOncotypeDXしてみましょう。(閉経前、リンパ節転移陽性でも適応あります。 念の為)
 
 

 

質問者様から 【質問2】

先生前回はお返事いただきありがとうございます。
 
抗がん剤治療はせずに、ノルバデックスの治療をしています。
今回質問なのですが、飲んで1ヶ月が過ぎましたが、副作用らしいものが出てきていません。
副作用が無い人は、再発しやすいとかあるのでしょうか?
それと、最近下腹部の張りが気になりますが、婦人科系の
卵巣膿腫や卵巣が腫れてるとか検査したほうがいいのでしょうか?
痛みなどはありません。
 
お忙しい中恐縮ですが、よろしくお願いします。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です・
 
「副作用が無い人は、再発しやすいとかあるのでしょうか?」
⇒無関係です。
 
「最近下腹部の張りが気になりますが、婦人科系の卵巣膿腫や卵巣が腫れてるとか検査したほうがいいのでしょうか?」
⇒婦人科を受診してみましょう。
 
 

 

質問者様から 【質問3 子宮体がんのリスク】

性別:女性
年齢:50歳
 
先生以前はありがとうございました。
その後婦人科検診に行き、子宮体がんと子宮頸がんの検査を受けました。
子宮筋腫が2.3個大きさも6~8センチのものがあると言われました。
 
あれから約1年、また子宮体がんの検査をしたのですが
軽度の異常とゆうとこで今月末にまた診察に行く予定なのですが、ノルバデックス服用で子宮体がんのリスクは上がりますか?
ノルバデックスを飲まないと、やはり乳癌の確率も
あがるのでしょうか?
 
お忙しいところ恐縮ですが
よろしくお願いします。
 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。
 
「ノルバデックス服用で子宮体がんのリスクは上がりますか?」
⇒その通りです。
 だから、(タモキシフェン内服中は)「定期的な子宮体癌の検診が必要」となるのです。
「ノルバデックスを飲まないと、やはり乳癌の確率もあがるのでしょうか?」
⇒そのために飲んでいるのです。

 
 

 

質問者様から 【質問4 】

遠隔転移
性別:女性
年齢:52歳
病名:乳がん 硬がん
症状:

以前は、質問させて頂きました。

その節はありがとうございました。

術後から丸3年目を無事に迎える前に
術側にあらたに局所再発しました。

そして、その前に骨転移がわかりました。

骨転移は、圧迫骨折でわかりました。

遠隔転移は、骨のみです。

1ヶ所だったので放射線治療しました。

現在コルセットをしてます。

以前の治療は、ホルモン療法のみで
ノルバデックスでした。

これからの治療の方針は
まだ生理が終わってないですが、再発遠隔転移なら
ホルモン剤を変更と言うことで、フェマーラになりました。

生理が終わってなくても使えるとゆわれたので
この前から飲み始めました。

骨転移の方は、ランマークなどの治療をしてるみたいですが、
私はしなくても大丈夫なのでしょうか?

遠隔転移だと余命も短いでしょうか?

お忙しい中すみませんが、よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

「まだ生理が終わってないですが、再発遠隔転移ならホルモン剤を変更と言うことで、フェマーラになりました。」
「生理が終わってなくても使えるとゆわれた」

→全くの間違い。
 適応外診療です。

 ★閉経前としてのホルモン療法は「タモキシフェン±LH-RHagonist」しか選択肢がありません。

 ただし、再発治療としては
  CDK4/6阻害剤(palbociclibまたはabemaciclib)併用下での下記組み合わせでのみ「アロマターゼ阻害剤もしくはFulvestrantの適応」があります。
   ①「CDK4/6阻害剤」+②「LH-RHagonist」+③「アロマ
ターゼ阻害剤(anastorozole/exemestane/letrozole)or Fulvestran
t」となります。

「骨転移の方は、ランマークなどの治療をしてるみたいですが、私はしなくても大丈夫なのでしょうか?」
→是非、しましょう。(その前に歯をチェックしましょう)

「遠隔転移だと余命も短いでしょうか?」
→骨転移単独であれば、長期予後も期待できます。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
Scroll Up