乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7673]
性別:女性
年齢:55歳
病名:乳癌
症状:

以前よりこちらのサイトを拝見しており、5月に乳がんの告知を受けて以来、より深い意識をもって参考にさせていただいております。

病理検査の結果
ER-8 PR=0ホルモン陽性、HER2陽性
Ki-67 17%
腫瘍径約13ミリ ステージ1

その後、7月初旬に温存手術を受けましたが、放射線と化学療法いずれの開始時期も仕事の都合で少し先(12月)にしたいと考えています。

これまでのQ&Aの事例を拝見すると、補助療法なので半年以内に開始すれば問題ないとのことでしたが、ガイドライン等を見ると20週以内に開始することを前提としていたり、また主治医の意見では3か月以内に開始することが望ましく、生存率のデータと差が生じる可能性があると言われています。

放射線、化学療法のどちらの開始も、術後4~5か月後からの開始ではトリプルポジティブということからしてもやはり遅すぎるということになりますでしょうか。

先生のご意見をお願いできますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「放射線、化学療法のどちらの開始も、術後4~5か月後からの開始ではトリプルポジティブということからしてもやはり遅すぎるということになりますでしょうか。」
⇒問題ありません。
 あくまでも「早期」ですから…

 進行乳癌の場合は3か月が目安でしょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。