Site Overlay

全摘術後半年で皮膚転移

[管理番号:8775」
性別:女性
年齢:37歳
病名:左乳癌(腺管形成型) 最大けい55mm T3 リンパ節転移14時N3ステージ3c 組織グレード2核グレート2 ホルモン感受性ER80%PgR80%HER2蛋白陰性 脈管侵襲リンパ管ly3 静脈v1 切除断端陰性
症状:放射線中なので、放射線の副作用と鑑別がつきませんが、腫瘤周囲の疼痛と左腋窩の疼痛、左前腕のモンドール様の筋と疼痛があります。
投稿日:2020年7月28日

去年の12月に左乳癌の全摘を行い、その後抗がん剤を半年、現在は放射線とホルモン剤を内服中です。

放射線の始めたばかりのときぐらいから、創部の真下ぐらいに5ミリぐらいの腫瘤を発見して、その後ポツポツ周囲にも同じようなものが増えてきたため主治医に伝えたら皮膚転移かなと言われ、放射線をとりあえずこなして、その後抗がん剤をまたやるかもしれないと言われました。

術後半年で、皮膚転移することはありますか?
ちなみにまだ細胞診はしてません。

子供がまだ小さく、成人するまではなんとか生きたいと毎日心が落ち着かず、精神的に辛いです。

放射線は30回に増え、現在はあと残り5回ブーストをする段階です。
腫瘤は少し広がってきた印象で創部の下に沿って3cmぐらいあるように思います。
こんな状況で根治は目指せますか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「腫瘤は少し広がってきた印象で創部の下に沿って3cmぐらいあるように思います。
こんな状況で根治は目指せますか?」

⇒3cm程度なら、(皮膚)切除できるのでは?

 その後に抗がん剤するにしても、(診断のためにも)「取れるものは取る」でいいのでは?



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
56+
~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up