Site Overlay

her2 3+ の生存率について

[管理番号:540]
性別:女性
年齢:55歳
昨年 乳がんの告知をうけました。
Ⅱa her2 陽性 たちの良くないがんということ。
リンパに転移なし。
しこりは 2センチ   
全摘をすすめられましたが、温存を希望しました。
術前治療で しこりを小さくして温存になりました。
ハーセプチンとホルモン剤を服用になりました。
3週間に1回・半年 行いました。
今年 温存手術をしました。
病理検査結果は 浸潤癌で her2 3+ リンパには行っていませんでした。
現在は、放射線治療とハーセプチンとホルモン剤の服用です。
このような状態で、これから 転移の有無と生存率を知りたいです。
お願い致します。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 (温存目的の)術前化学療法後に手術、そして術後の「放射線、ホルモン療法、ハーセプチン単剤」中との事ですね。
 いわゆる世間でいう「トリプルポジティブ(正式にはluminal B HER2タイプ)」だと思います。

回答

「これから 転移の有無と生存率を知りたい」
⇒HER2陽性は「かつては予後不良群」とされていましたが、現在ではこの「HER2」を
 ターゲットとした「分子標的薬」の開発により劇的に予後が改善しました。
 ステージ2Aなので、数値的には「10年生存率」80%位だと思います。
 「転移の有無」とありますが、現時点では「転移は無い」と思います。
 将来的な「無再発生存」となると「5年で80%以上」となります。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
9+
Scroll Up