Site Overlay

肺転移、皮膚転移

[管理番号:1198]
性別:女性
年齢:52歳
初めまして。
母の乳がんのことで、あまり細かいことはわからないのですが、質問をさせて下さ
い。
発癌は14年前、再発時に片胸の全摘出、二度目の再発時(現在)には皮膚転移と肺転移
が確認されました。
特に肺は悪化してきていて、本人も呼吸が苦しそうです。
また、トリプルネガティブと言われ、ハーツーも陰性でした。
薬物療法を続けてきましたが、どれも効果はみられませんでした。
ずっとお世話になってきた先生には、抗がん剤は大きくわけて3種類あるが、どれも
効いていない、もう効く薬はない とまで言われました。
本当にもう効果のある治療法はないのでしょうか。
私としては、片田舎の病院ではなく、東京のような情報の早いところなら、まだ何か
あるのではないかと期待してしまいます。
ざっくりとした情報で申し訳ありませんが、ご回答願います。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「皮膚転移、肺転移」ですか。
お気持ち、お察しします。
トリプルネガティブは初発の時点で「再発率が、それ程違う」わけではありません。
(早期であれば予後良好)
ただ、再発してしまうと「再発後の治療が限られている」点で厳しくなります。
「ルミナールタイプの場合はホルモン療法」「HER2陽性の場合には抗HER2療法」があ
りますが、現時点では「トリプルネガティブには(有効性が不明な)抗がん剤をする
しかない」のです。

回答

「抗がん剤は大きくわけて3種類あるが、どれも効いていない、もう効く薬はない と
まで言われました」
⇒「アンスラサイクリン」「タキサン」「その他」の抗がん剤がありますが、それら
を使い切ったのだと思います。
 
「本当にもう効果のある治療法はないのでしょうか。」
⇒大方の薬剤は「使っている」と思います。
 Bevacizumab+PTXは使っているのでしょうか?
 (アンスラサイクリンやタキサンを使い切っているとしたら)それくらいしか、
「状況を好転させる」パワーのある薬剤は無いと思います。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
4+
Scroll Up