Site Overlay

乳がんの合併症

[管理番号:257]
性別:女性
年齢:46歳
乳がんの手術を受けました。
手術時にがん箇所のマーキングのために刺した針が、肺に達し桔梗状態になり、入院が9日間延長されました。
医師からは合併症と説明がありましたが、乳がんの合併症になるのでしょうか?
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「乳腺の切除範囲のマーキングの際の色素注射」での「気胸」
 かなり驚く内容です。
 それでは回答します。

回答

 「手術の合併症」ではありません。
 医療ミスです。

  • 手術の合併症とは?
    ⇒術後の出血や感染
     例えば、「手術前の説明」で「起こりうる合併症」として「出血や感染」などの説明があったと思います。
     もちろん、「手術の説明文書」などで明記されてもいるでしょう。
     ※実際は、それらも殆どありませんが、一応「可能性のある合併症」とし説明なり、説明文書に記載はあるはずです。
     
  • 医療ミスとは?
    ⇒本来、「通常の医療レベルで起こるべきではないもの」です。
     当然、手術前の説明時に医師から、「乳腺に色素でマーキングする際に針を深く刺しすぎて、気胸になることがあります」という説明も無い筈です。
     ※もちろん「手術の説明文書に記載」など全く考えられません。

 
◎私は自分の執刀として2000件以上、(助手として入った手術を含めれば5000件以上はあるでしょう。)手術していますが、一度も「マーキングでの気胸」なんて見たことがありません。
 若い頃、(大学病院時代)先輩から「深く刺しすぎると、肺に刺さって気胸になるから気をつけろよ」と(半ば、冗談気味に)言われた記憶はありますが、まさか現実に起こるものとして想像したことはありませんでした。
 
 質問者は「大学病院」もしくは「(有名)大病院」で手術を受けられたのでしょうか? 
 それらでは「経験のない若い医師」が執刀することが多いため、(普通は考えられない)ミスが起きたのでしょう。
 納得のいかないお気持ち、お察しします。
 
◎当然、病院側から「気胸によってかかった(余分な)費用」などについての補償などの話はあったと思います。
 

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up