Site Overlay

田澤先生、教えてください。

[管理番号:8185]
性別:女性
年齢:44歳
病名:乳がん
症状:乳がん

田澤先生、教えてください。

トリプネガネィブステージ3cで、
EC療法4回とドセタキセル4回の術前化学療法後に手術、
手術後の病理で腫瘍が残っていた場合、
EC療法を追加することは、標準治療ですか?

エビデンスのない、保険適応外の治療ではないのでしょうか?

小さい子どもがいるなら、
そうした治療も許容されるのことなのでしょうか。

田澤先生、教えてください。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

保険適応と標準治療は異なります。

1.初発乳癌にはanthracycline(EC)とtaxane(ドセタキセル)は行ってもよい(保険適応)
2.トリプルネガティブではanthracycline(EC)とtaxane(ドセタキセル)を4回ずつ行うことを推奨する(標準治療)

よろしいでしょうか?
「保険適応」の範囲内で「標準治療(ガイドライン)」が推奨されているのです。
具体的にいうとanthracyclineとtaxaneは「保険適応であり、その回数制限はありません。」
しかし、「標準治療としては、anthracyclineとtaxaneを4回ずつ」です。

「EC療法を追加することは、標準治療ですか?」
→「標準治療」ではありません。 しかし「保険適応」です。(上記)

「エビデンスのない、保険適応外の治療ではないのでしょうか?」
→ECを「ECx4+DTXx4」後に更に追加することは、確かにエビデンスはありません。
 しかし(保険適応には回数制限はないので)「保険適応内」の治療です。

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up