乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:5381]
性別:女性
年齢:28歳
はじめまして。
今年28歳になる、一児の母です。
断乳後の血乳が気になり、ご相談させていただだきたいです。
よろしくお願いします。
産前より乳がん検診は受けており、人の3倍は乳腺が多いねと先生から言われていました。
2014年10月 出産 (初産です。)
完全母乳で育てていました。
何度か乳腺炎になり、助産師のマッサージを受けていましたが、出血を言われたことはありませんでした。
2016年9月 断乳
2~3日ボールのようにカチカチに張り、とても大変でした。
1週間ほどで落ち着いたと思います。
2016年10月 マンモグラフィー、エコー
マンモグラフィーの際両胸から母乳が出て、潜血マーカーで、右が陽性でした。
2017年1月 断乳後のマッサージの際、血乳が出たので病院へ行くようにと言われました。
その後エコーをしましたが、異常なしでした。
その後も月に1回程度、下着に1滴ほどのシミがあります。
2017年8月(中旬)日 マンモグラフィー、エコーをし、両方異常なしでした。
その時母乳は左のみ出ていて、潜血マーカーでは陰性でした。
そして本日、今までより大きめのシミ(4~5センチほど)がうっすらと下着に付いていました。
私が気になった全ての下着のシミや、出血は、薄い麦茶のような色をしています。
先生も、原因が分からないとおっしゃっていて、私も下着のシミを見てはどうしていいか悩んでいます。
産後の生理も不規則で、ホルモンの関係かなと思い採血しましたが、ホルモンの数値は正常値でした。
先生のご意見をお聞かせいただけたらと思います。
お忙しいと思いますが、よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「潜血反応」を見ている意味が解りませんが…(その医師は「血液」に特別な意味があるとでも思っているのだろうか??)
このメール内容からでは肝心の「単孔性かどうか?」が記載されておらず、(私に取って)更に興味があるのは「絞ると毎回でるのか?」ということです。
「血性」ばかりに目をとられて、肝心の「単孔性」「継続性(絞ったら常にでるのか?それとも時々しかでないのか?)」に注意が向けられていない様です。
「2016年10月 マンモグラフィー、エコー マンモグラフィーの際両胸から母乳が出て、潜血マーカーで、右が陽性でした。」
⇒そもそも、こんな「無意味な検査」を行うことが問題です。
 断乳後、暫くはマンモグラフィーの際に「血液混じりの分泌」があるのは当たり前のことであり、気にする事ではありません。
「その後も月に1回程度、下着に1滴ほどのシミがあります。」
⇒この内容だけからすると、ホルモンの影響で(生理前に乳管が増生する際の)一過性の出血にすぎないような印象です。
 ♯大事な事は、「自分で絞ってみて、絞ると必ずでるのか?」です。
「先生のご意見をお聞かせいただけたらと思います。」
⇒メール内容だけから判断すれば、
 ただの「断乳後のホルモンバランスが不安定な時期の、(生理前の乳管増生による)一過性の出血」に過ぎないように思います。
 上記内容から「乳管内病変を想定」することはありません。
★大事なことは、『その分泌が乳管内病変を想像させるものなのか?』という視点です。
 
「出血」の派手さに目をとらわれずに、「乳管内病変が原因であれば、絞るたびに(必ず)同一の一箇所から分泌が継続する」ことを意識しましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。