乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:5757]
性別:女性
年齢:54歳
 
田澤先生、いつもありがとうございます。
寒くなりました、お身体ご自愛ください。
トリプルネガティブ、右乳全摘、リンパ郭清。
術後抗がん剤、放射線をしておりました。
母が首の根元のリンパが腫れていると、造影CTの結果、リンパへの転移が見つかりました。
手術は出来ない、抗がん剤治療になります。
との事でした。
 

・毎週投与の点滴の抗がん剤
もしくは
・TS1、ゼロータの飲む抗がん剤を勧められました。
帰宅して、色々と調べていました。
通院している病院はトモセラピーがありません。
トモセラピーのできる病院にトモセラピーのみいこうと思っています。
 
1、トモセラピーを照射後、抗がん剤
2、抗がん剤
抗がん剤なら点滴の抗がん剤なのか、飲む抗がん剤なのか…
勿論、トモセラピー照射部位が重ならない事が1番ですが、先生でしたら(抗がん剤含め)どうお考えになるか助言して頂きたく質問させて頂きました。
 
宜しくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
 
主治医から「毎週投与の点滴の抗癌剤(おそらくパクリタキセル)」を勧められていることからは、術後の抗癌剤として(パクリタキセルではなく)「ドセタキセル」を行っていると推測します。
術後照射をしているようですので、質問者のいうように『照射部位が重ならない』ことを前提として照射(この場合にはトモセラピーがいいでしょう)
 
照射後は(効いているのか効いていないのか解らないような)経口抗癌剤を「だらだら」投与するよりも、「半年なら半年」と決めて「bevacizumab + paclitaxel」もしくは「eriblin」を投与します。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

転移後の治療について
性別:女性
年齢:57歳
 
田澤先生こんばんは。
 
先の質問に丁寧に回答頂きありがとうございます。
明日の火曜日に先生との面談がありますので、トモセラピーや抗がん剤の話を持ちかけようと思います。
 
母54歳
2年前10月
右乳リンパ全摘
腫瘍の大きさ6cm
細胞グレード3
リンパ転移グレード1→
17/17、グレード2
4/4
脈菅侵略なし
ki20~50、中程度
トリプルネガティブ
術後EC(ファルモルビシン+エンドキサン)3週間に1回を4回の後に3週間に1回のドセタキセルを4回
今回、左右の鎖骨上リンパ節転移を認められる。
 
今までのQ &Aを見て気になった点ですが、
1、リンパ節転移はリンパ菅をガン細胞が流れている、臓器転移は血管をガン細胞が流れている→なので、リンパ節転移と臓器転移は別物で考えるのでしょうか?リンパ節転移があるからといって、臓器転移が必ずあるかといったらそ
れは不明、という解釈で良いのでしょうか?
 
2、それにより、現在は臓器転移は造影CTより、転移は無さそう。
リンパ節転移のみ、と言うことは少しはホッとしてもよい事なのでしょうか?
 
3、左右の鎖骨上リンパ節転移ですが、主治医が言うように手術は不可能でしょうか?
 
4、術後抗がん剤の時から腕から点滴のルートが取れない為、今度抗がん剤の点滴をする際はポートを入れる話になっています。
鎖骨上リンパ節には影響無いのでしょうか?(転移場所が邪魔?でポートを埋め込み出来ないなど、不安になっております。)
 
5、トモセラピーが照射出来る場合、クリスマス、年末年始を跨ぐ照射日程でも影響は無いでしょうか?(術後放射線照射の際は長期休みを跨がない様に計画を立てました)
色々と質問しますが、田澤先生宜しくお願い致します。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
 
「1、リンパ節転移はリンパ菅をガン細胞が流れている、臓器転移は血管をガン細胞が流れている→なので、リンパ節転移と臓器転移は別物で考えるのでしょうか?」
「リンパ節転移があるからといって、臓器転移が必ずあるかといったらそれは不明、という解釈で良いのでしょうか?」

⇒その通りです。
 
「現在は臓器転移は造影CTより、転移は無さそう。リンパ節転移のみ、と言うことは少しはホッとしてもよい事なのでしょうか?」
⇒その通りです。
 だからこそ、(経口抗癌剤でダラダラとするよりも)「きちんとした抗癌剤+放射線」で「再度、根治を狙う(保証する事は誰にもできませんが、最善の努力をするということです)」わけです。
 
「3、左右の鎖骨上リンパ節転移ですが、主治医が言うように手術は不可能でしょうか?」
⇒その通りです。
 
「鎖骨上リンパ節には影響無いのでしょうか?」
⇒ありません。
 
「5、トモセラピーが照射出来る場合、クリスマス、年末年始を跨ぐ照射日程でも影響は無いでしょうか?」
⇒抗癌剤を先行でもいいと思います。

 
 

 

質問者様から 【質問3 転移後の治療】

性別:女性
年齢:54歳
病名:乳がん
症状:

母57歳(発症時54歳)
54歳の10月(3年前)
右乳リンパ全摘
腫瘍の大きさ6cm
細胞グレード3
リンパ転移グレード1→
17/17、グレード2
4/4
脈菅侵略なし
ki20~50、中程度
トリプルネガティブ
術後EC(ファルモルビシン+エンドキサン)3週間に1回を4回の後に3
週間に1回のドセタキセルを4回
放射線治療は標準回数
56歳の11月(1年前)
左右鎖骨上、左頸部にリンパ節再発(転移?)
田澤先生に質問後、パクリ+アバ、パクリ、パクリ+アバの3週1休を始める。

トモセラピーは市外にしかなく照射諦める。

開始後3ヶ月で鎖骨上はほぼ無くなる、頸部は縮小の気配あり。
→継続
するが、頸部はそれからも変化無し。

6月
末梢神経障害が酷く、パクリ+アバ、1週休を1セットとして開始。

11月
先日造影CTの結果、左右鎖骨上、左頸部はやや増大、右頸部にリンパ節転移が見られる。
(本人も触れるとの事)
主治医よりオラパリブの話をされ、遺伝子検査をする事になりました。

遺伝子(-)の際は、エリブリンを開始する事にしています。

1、造影CTの際喉風邪をひいており、白血球等もやや増、CRPも風邪症状としての結果でした。
リンパ節の腫れは風邪由来とは考えにくいでしょうか?

2、以前の質問でパクリ+アバもしくは、エリブリンを開始との事でしたが、1度パクリ+アバで縮小の傾向が見られたのならば3週1休に戻すとまた期待出来そうなのでしょうか?

3、田澤先生の他の回答で、乳がんのリンパ節転移は放射線感受性が高いと見ました。

今更放射線は可能でしょうか?
その際はやはりトモセラピーでしょうか?

以上お忙しいと思いますが、こうやってQAを開設していただいてる田澤先生が私たち家族から本当に感謝の言葉しか出ない位頼りにしております。

宜しくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

まず記載の訂正をさせてもらいます。

リンパ転移グレード1→リンパ節転移「レベル1」
リンパ転移グレード2→  〃   「レベル2」
脈管侵略なし→脈管侵「襲」なし

「リンパ節の腫れは風邪由来とは考えにくいでしょうか?」
→画像も見ていないので、その判断はできません。

「1度パクリ+アバで縮小の傾向が見られたのならば3週1休に戻すとまた期待出来そうなのでしょうか?」
→可能性はありますが…

 Eriblinという期待できる薬剤があるのだから、まずはeriblinをtryするべきです。

「今更放射線は可能でしょうか?」
→勿論。

「その際はやはりトモセラピーでしょうか?」
→その通りです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。