Site Overlay

治療方針について

[管理番号:3890]
性別:女性
年齢:37歳
今年の8月に告知を受け、10月に右乳房全摘手術と同時再建をしました。
先日、病理結果が出たので治療方針について話してきたのですが抗ガン剤を使うか迷っています。
私の乳癌は、
ステージⅡa
腫瘍の大きさ:48×30×34mm
浸潤の範囲:g,f
脈管侵襲:ly1,v0
リンパ節転移なし
核グレード1
断端露出なし
ER95%,PgR90%,Her2 score1
ホルモン治療が効くタイプですが腫瘍が大きいので抗ガン剤を使うか担当の先生も悩んでいました。
もし、リンパ節の転移があったり腫瘍の大きさが5cmを超えてたら抗ガン剤を使う事を勧めたがサイズの割に結果が良かったので迷うそうです。
自分の病気なので自分で決めなければならないのは重々承知していますが、考えても頭が追いつかず相談させていただきました。
よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
Ki67測定していないのですか?
ルミナールタイプでの「抗ガン剤の適応」は
Ki67 高値:ルミナールB ホルモン療法+抗ガン剤
Ki67 低値:ルミナールA ホルモン療法単独
上記となります。
もしもKi67を測定しないのであれば、OncotypeDXという方法もあります。
♯質問者はグレード1だから、ルミナールAの可能性が高そうです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up