Site Overlay

術後の治療方法について

[管理番号:3536]
性別:女性
年齢:50歳
こんにちは。
田澤先生、はじめまして。
術後の治療について相談させてください。
7月末に右乳房温存術で手術をしました。
リンパ節転移なし
術後の組織所見は
部分切除された右乳腺には、境界不明瞭でやや硬く触れる腫瘍をみとめます。
組織学的には、最大径16㎜の腫瘍で、異型の強い腫瘍細胞が小塊状あるいは索状に増生しています。
線維性間質の増生を伴っています。
腫瘍の一部では腺管構造の形成もみられ、乳管内進展を認めます。
Invasive carcinoma of no special type(NST), invasive ductal carcinoma, scirrhous carcinoma の所見です。
追加切除された乳頭側断端も含めて断端は陰性です。
腺管構造を一部に認め、核異型は高度、核分裂像は少数みられるため組織学的異型度はGrade 2です。
術前の結果ですが、HER2 2+ 陽性 ルミナールB
先週、主治医から今後の治療として
EC 3週に1回×4→ 放射線×25回→ ハーセプチン 3週に1回×18
+ホルモン剤内服5年 と提案されました。
私の場合、抗がん剤治療は必ず受けなければならないでしょうか?
副作用など考えると受けたくない気持ちが強いのですが。
HER2療法は必ず受けてくださいと言われましたが、子宮筋腫(10センチ大)と卵巣嚢腫があり、影響がないのか心配です。
情報が少なく申し訳ないのですが、先生の見解を教えてください。
よろしくお願いします
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
今回のメール内容で最重要なのは『HER2 2+ 陽性』という記載です。
まさか『FISHしていますよね??』
○もしも(FISHせずに)「HER2 2+」でHER2を陽性としているとしたら『大間違い』です。
 (参考に)
  HER2 0, 1+:陰性
HER2 2+ :FISHで要確認(HER2 2+の75%は陰性となる)
HER2 3+ :陽性(FISH不要)
「私の場合、抗がん剤治療は必ず受けなければならないでしょうか?」
⇒もしも(実際には)HER2 2+で「FISHを行って陽性」と確認されているとすれば、当然受けるべきです。
 抗HER2療法は「(乳癌における)人類最大の勝利」と言えます。再発率を「半分」とします。
「副作用など考えると受けたくない気持ちが強いのですが。」
⇒副作用を考えるならweekly PTX + HERという方法があります。
 質問者の場合には「低リスク」だから(ECではなく)「非アンスラサイクリンレジメン」の適応となるのです。
「子宮筋腫(10センチセンチ大)と卵巣嚢腫があり、影響がないのか心配」
⇒影響ありません。
 むしろ抗癌剤による「化学療法閉経」により「子宮筋腫は小さくなる」ことが想像されます。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221

Copyright © 2020 江戸川病院 乳腺外科. All Rights Reserved.
Scroll Up