乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:1715]
性別:女性
年齢:26歳
こんにちは。
最近になって自分の胸を見たときに左右の乳首の大きさの違いと右の乳首の方が大きいことと右の乳首の根元が縮んでいる、窪んでいるような気がします。
そのせいで右の乳輪の方が小さいです。
心配になり質問させて頂きました。
早目に受診すべきでしょうか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「乳房も乳頭も左右差がある」のが当たり前です。

回答

「早目に受診すべきでしょうか?」
⇒不要です。
 「気になるしこり」が無ければ「受診は不要」です。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

先日は、ご回答ありがとうございました。
再度、質問があるのですが丁度一年前に初めて乳がん検診を受け、最初マンモグラフィをして左胸に気になる点があると言われ、その後すぐに超音波と触診をしたところ、異常なしでした。
その際の担当の先生に一年に一回の検診と自己検診してねと言われたのですが、やはりこれから年に一回の検診は必要なんでしょうか?(20代のうちの間の話です。)今年で27歳になります。
自己検診は、続けていますが左胸の方が胸が大きいのと張りがあるせいかしこりが確認しづらいです。しこりは、分かるものなんでしょうか?
気にし過ぎなのは、分かっていますがいつも胸に異常があるのでは、ないかと不安になっています。
胸がピリピリしたり、違和感を感じる時があります。色々心配になり質問させて頂きました。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
「やはりこれから年に一回の検診は必要なんでしょうか?(20代のうちの間の話です。)」
⇒「超音波で異常無」だったのだから、(20代の間は)自己検診で十分だと思います。
 30代になったら年に1回の検診をしましょう。
 
「自己検診は、続けていますが左胸の方が胸が大きいのと張りがあるせいかしこりが確認しづらいです。しこりは、分かるものなんでしょうか?」
⇒しこりは「出現すれば」解ります。
 今現在(正常の状態で)解らないのが当然です。
 「解らないなりに、正常な状態に慣れておく」ことが「自己検診」なのです。
 
 

 

質問者様から 【質問3】

ご回答ありがとうございます。先生のお言葉にすごく安心しました。
自己検診続けてみようと思います。再度質問なんですが、いつからかわかりませんが、最近になってどちら片方の乳頭が陥没していることに気づきました。
どちらも陥没しているときもあったり、気づいたら出ていることもあったりします。いつから陥没していたかも分かりません。
どちらかというと右側の方が陥没している時が多い気がします。(押し出すと右の乳頭も出てくることもあります。) あと右胸が気にしすぎのせいかたまにチクチク、ムズムズしたり違和感を感じる時があります。色々心配になり、何度も質問して申し訳ありません。ご回答お願い致します。
 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。
「陥没乳頭」が問題になるのは「腫瘍が、その奥に存在」して、「奥から引っ張り込んでいる」場合となります。
その場合には「陥没したり、戻ったり」という事は決してありません。安心してください。
「チクチク、ムズムズしたり違和感を感じる」
⇒これも心配ありません。
 乳頭部は「乳管が集まっている」ので「ホルモンによる刺激症状が強い部位」なのです。
 
 

 

質問者様から 【質問4】

ご回答ありがとうございました。先生の先日のご回答で20代のうちは、自己検診で十分ということでしたが、自分でしこりを確認してからでの受診でも大丈夫ということでしょうか?
自己検診もしこりか骨なのかわからなくなったり、難しいです。ここ最近、過敏になってしまっています。
一年前の検診では、何の知識もなく先にマンモグラフィをして左胸に気になる点(右胸は、何も言われませんでした)があると言われ、超音波をした後には、何も言われなかったというのは、安心していいんでしょうか?未だに左胸が異常があるのではないかかどうか気になっています。
また、最近お風呂に上がった後、左乳頭を見ると垢?カスみたいな?ものがついていました。
毎日では、なくたまにです。心配です。普通の時に絞っても分泌物は、出ません。あと右胸も乳輪付近だったり、脇腹だったり色々なところがチクチクします。
色々心配になっています。
チクチクするのは、しばらくしたら治るものですか?
何度もたくさん質問をして申し訳ありません。
 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。
「自己検診で十分ということでしたが、自分でしこりを確認してからでの受診でも大丈夫ということでしょうか?」
⇒そう言う事です。
 「20代では自己検診」「30代以降では年に1回の検診」などは「確率の面」からの推奨です。
 20代での乳癌が少ない以上、「全員」に「検診を勧める根拠」に乏しいのです。
 勿論、「自らの意志」で「受診」されることは構いませんが、そのためにも「自己検診」が推奨されるのです。
 
「自己検診もしこりか骨なのかわからなくなったり、難しいです」
⇒皆さん共通の悩みと言えます。
 「慣れ」しかありません。
 自分の正常な状態に慣れれば、「しこりが出現」した際に、「はっ!」と気づくのです。
 
「安心していいんでしょうか?」
⇒大丈夫です。
 「マンモはあくまでも、スクリーニング」です。「乳腺の重なりの強い部分」などがチェックされがちですが、「超音波で異常無」なら全く問題ありません。
 
「左乳頭を見ると垢?カスみたいな?ものがついていました。毎日では、なくたまにです。心配です。普通の時に絞っても分泌物は、出ません」
⇒分泌物は「絞って1箇所から出る」以外には心配する必要はありません。
 それも「自己検診」です。
 
「右胸も乳輪付近だったり、脇腹だったり色々なところがチクチクします。色々心配になっています。チクチクするのは、しばらくしたら治るものですか?」
⇒女性ホルモンによる刺激症状です。
 乳癌の症状ではありません。
 いずれ治まります。
 
 

 

質問者様から 【質問5】

先生の早いご返答のおかげで私の不安も減り、大変感謝しています。
何度も質問させてして申し訳ありません。
自己検診を続けていく中で、左乳輪のすぐ下付近にぷくっとした小さな吹出物のようなものが出来たんですが、これは、様子をみて大丈夫なものなんでしょうか?
ほんとに注意深く触らないと触れません。寝ながら触るより座りながら触ると触れます。しこりというのは、基本的に硬いイメージでいいんでしょうか?自己検診も過剰に心配して行っています。
また、以前も質問させて頂いた同じような内容になってしまってすみません。
いつもだいたい左右の乳輪とも陥没していますが、お風呂に入ってる最中など出ているときがあります。その際にふと左乳頭を見てみると白いカスみたいなのがついていたのですが、これが分泌物なのか心配になっています。
2日続けて確認しました。右乳頭には、カスはついていませんでした。
お風呂から出てみてもカスみたいなのが多少残っていました。絞って出たものなのかついてたものかよくわかりません。
お風呂から上がってしばらくして見てみると絞っても分泌物は、出てきませんが、乳頭奥深くに白いカスみたいなのが見えるような気がします。
いつもは、乳頭は、陥没していることが多いので確認がうまくできません。
今日の朝、乳頭を強く絞ってみてもカスみたいなものは、出ませんでした。また、右の乳首の乳頭ではない左付近に一つ少しの皮むけを見つけました。
色々な症状に心配になってしまいます。
お忙しい中、たくさんの質問をして大変申し訳ありません。
 

田澤先生から 【回答5】

こんにちは。田澤です。
「左乳輪のすぐ下付近にぷくっとした小さな吹出物のようなものが出来たんですが、これは、様子をみて大丈夫なものなんでしょうか?」
⇒大丈夫です。
 「乳輪腺の詰まり」だと思います。
 
「しこりというのは、基本的に硬いイメージでいいんでしょうか?」
⇒硬くないものは、殆どが「乳腺の凹凸」です。
 これこそが「自己検診」の意味です。
 「硬く無くてしこり?」というようなものは「自己検診」を続ければいいのです。
 
「左乳頭を見てみると白いカスみたいなのがついていた」「絞っても分泌物は、出てきません」「乳頭奥深くに白いカスみたいなのが見える」「乳頭を強く絞ってみてもカスみたいなものは、出ません」
⇒心配はありません。
 「乳頭分泌」は「絞って、単孔性にでてくる」ものだけ「自己検診」していればいいのです。
 「陥没乳頭内のカス」は「皮膚の角化物がふやけた」ものだと思います。
 
「右の乳首の乳頭ではない左付近に一つ少しの皮むけ」
⇒ただの「皮膚の問題」です。
 乳頭部は「パジェット」をチェック(乳頭部の糜爛)していればいいのです。
 
 

 

質問者様から 【質問6】

先日は、ご回答ありがとうございました。
乳頭分泌について再度質問なのですが、いつも陥没乳頭なので確認がしづらいのですが、乳頭が出ている時に確認した方がいいのでしょうか?
また、以前質問させて頂いた白いカスみたいなものは、これから自然に無くなっていくものなのでしょうか?ここ最近、毎日確認しています。
(右側は、確認してません。)何度も質問をして申し訳ありません。
 

田澤先生から 【回答6】

こんにちは。田澤です。
「乳頭分泌について再度質問なのですが、いつも陥没乳頭なので確認がしづらいのですが、乳頭が出ている時に確認した方がいいのでしょうか?」
⇒乳頭が出ている時に、「絞って、1箇所の孔から出てくる」以外に気にする必要はありません。
 
「以前質問させて頂いた白いカスみたいなものは、これから自然に無くなっていくものなのでしょうか?」
⇒「陥没乳頭に伴う角質(カス)」は「陥没乳頭で有る以上」は常に貯まりうるものです。
 それが原因で「炎症を繰り返す」ような際には「手術的に修復」する必要がでてきます。
 ただ、「癌とは無関係」です。
 ご安心を。
 
 

 

質問者様から 【質問7】

ご回答ありがとうございました。
以前、質問させて頂いた白いカスに関しては、炎症、痒くないのでそのまま放っておいていいものなのでしょうか?お風呂以外のときにも乳頭が出ているときに見てみるとカスみたいなのを確認しました。
カスみたいなのものは、触ると少しネバってしています。これは、カスなんでしょうか?また、気づいたとき(乳頭が出てる時)に強く搾ってみて何も出て来ません。気づいたらカスみたいなものが乳頭についているので、一つの孔から出ているのか分かりません。一つの孔とは、一つの穴みたいな考えでいいでしょうか?カスは、右の乳頭では確認していないのなぜ左の乳頭だけなのか心配です。
また、ここ一カ月程右胸の乳輪あたりだったり、右胸の上、下付近だったり、色々な場所がチクチク、ピリピリしたり、痛くなったりがずっと続いています。ストレスとか気にしすぎでこのような症状は、出るんでしょうか? また、右乳首が少しカサカサ、少しの皮むけが最近また、出て来たのですが、パジェット(真っ赤に赤くジクジク)でなければ皮膚炎でしょうか?
左胸は、そのような症状は、出ていません。
症状がそれぞれの胸で違うのは、気にしなくて大丈夫ですか?
色々な症状に過敏になっています。
何度も同じような質問をたくさんして申し訳ありません。
 

田澤先生から 【回答7】

こんにちは。田澤です。
過剰に心配されているようです。
「特殊な状況」を想定する必要はありません。
乳癌は「あくまでも、しこり」を自覚するかどうか(自己検診)それと「定期検診」ですね。

回答

「白いカスに関しては、炎症、痒くないのでそのまま放っておいていいものなのでしょうか?」
⇒このような角質が詰まった状況で炎症が起こる事があります。
 それを「乳輪下乳腺炎」と呼びます。
 炎症が起こらない様に「入浴時に洗う」といいでしょう。
 
「気づいたらカスみたいなものが乳頭についているので、一つの孔から出ているのか分かりません。一つの孔とは、一つの穴みたいな考えでいいでしょうか?」
⇒角質は「単孔性」でも「多孔性」でも一切関係ありません。
 どちらでも「気にする必要は一切」ありません。
 時々洗ってください。
 
「右の乳頭では確認していないのなぜ左の乳頭だけなのか心配です。」
⇒左右差のことは気にする必要は全くありません。
 
「ここ一カ月程右胸の乳輪あたりだったり、右胸の上、下付近だったり、色々な場所がチクチク、ピリピリしたり、痛くなったりがずっと続いています。ストレスとか気にしすぎでこのような症状は、出るんでしょうか?」
⇒ホルモンバランスです。
 「ストレス」もその要因となります。
 
「右乳首が少しカサカサ、少しの皮むけが最近また、出て来たのですが、パジェット(真っ赤に赤くジクジク)でなければ皮膚炎でしょうか?左胸は、そのような症状は、出ていません。症状がそれぞれの胸で違うのは、気にしなくて大丈夫ですか?」
⇒皮膚炎は軟膏で治療しましょう。(ただの乾燥のようです)
 左右差は気にしない様にしましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。