乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:4677]
性別:女性
年齢:49歳
昨年、乳がんが見つかり、7月に温存手術を受けました。
43歳で閉経したため、乳がんが見つかるまでの約5年間、婦人科でホルモン補充療法を受けていました。
術前の造影CTで転移がないことを確認しました。
また、センチネルリンパ節生検でも転移はありませんでした。
ステージ1、ルミナルAのため、術後は放射線治療25回+追加照射5回(断端陽性1か所あったため)、フェマーラを服用しています。
3か月に1回程度血液検査をしています。
昨日その結果
を聞きに行ったところ、3月の検査でCA15-3が基準値を超えていることが判明し、5月に再検査となりました。
なお、昨日の超音波検査では、乳房やリンパ節に異常はありませんでした。
このQ&Aを読んでいると、私の場合は低リスクに分類され、これほど早く再発・転移の疑いが出てくるとは思っていませんでした。
<採血の結果>
8月 10月 1月 3月
CEA 0.9 0.9 0.8 1.1
CA15-3 19.8 20.0 24.8 36.4
<病理検査の結果>
・浸潤癌(乳頭線管がん、硬がん)
・浸潤径 0.6cm (広がり3×4cm程度)
・リンパ節転移なし
・ER 96%、PgR 94%
・HER2 陰性
・核異形度 1
・Ki-67 13%
・脈管浸襲 なし
・断端陽性 1か所
・ルミナルA、ステージ1
<質問>
1.再発、転移の可能性は高いのでしょうか?
再検査は来月で遅くないのでしょうか?
2.再発、転移しているとすると、肝臓、骨など、どこに転移している可能性が高いのでしょうか?
その場合はどのような検査になるのでしょうか?
3.再発、転移ではないとすると、このCA15-3の上昇は何を意味するのでしょうか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「1.再発、転移の可能性は高いのでしょうか?再検査は来月で遅くないのでしょうか?」
⇒1回だけの上昇では何とも言えません。
 1月⇒3月で上昇だから5月再検は妥当です。(4月では変化をみるには不十分)
 ○もしも5月にも上昇していたら全身検索(PETなど)となります。
「2.再発、転移しているとすると、肝臓、骨など、どこに転移している可能性が高いのでしょうか?その場合はどのような検査になるのでしょうか?」
⇒最も頻度が高いのは骨ですが…
 全身の全ての部位がわかるようにPETが適当でしょう。
「3.再発、転移ではないとすると、このCA15-3の上昇は何を意味するのでしょうか?」
⇒1回くらいでは解りません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。