乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6331]
性別:女性
年齢:43歳

田澤先生

先日4月1日に全摘手術をして頂きました、
ID23〇〇〇3 、〇〇 〇〇〇の夫です。

今回幸運にも田澤先生に手術して頂けたことに大変感謝しております。
有難うございました。

その病理結果についてなのですが、先日秘書の方より
一週間延期になりますとのご連絡を頂きました。

当の本人の妻は、詳しく調べてもらえて安心と言って普段通りの生活を送っております。
ただ、私が大変小心ものの為、色々心配になってしまい、
お忙しいところ申し訳ございませんが、メールさせて頂きました。
術前検査では非浸潤性とのことでしたが、追加検査が必要ということは、やはり浸潤部分などがありFISHなどの追加検査になったのかな? など不安になってしまいました。

当然全ての結果が揃わない以上、田澤先生としても返答は出来ないとは思いますが、当日は私が同伴できない為、一般論としてでもよいので、追加検査がどのような場合に行われるのかを、教えて頂くことは可能でしょうか。
検査報告日まで待てずにメールしましたこと、お許しください。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

病理が追加検討に入り、(それに伴い)外来受診日が変更になることは珍しくありません。(当外来の看護師や秘書さんたちは、その対応に苦慮しています)
「一般論としてでもよいので、追加検査がどのような場合に行われるのかを、教えて頂くことは可能でしょうか。」
⇒一般論として…
 一番多いのは(癌かどうか微妙な病変の場合に)「癌なのか、癌では無いのか?」
 次に多いのは(癌ではあるが、組織型が通常のHE染色では断定できないため)
「組織型の確定のため」となります。
 
 

 

質問者様から 【質問2 御礼と質問】

性別:女性
年齢:42歳

田澤先生
この度、田澤先生に手術をして頂きました○○の夫でございます。
術後も以前とあまり変わりなく生活が出来ています。
心より御礼を申しあげます。
今回の病理の結果を受け質問させて下さい。

術後に浸潤10mmがあり、術前の予想よりも大きくなったことで色々と心配になってしまいました。
確率の低い方になってしまったので、今後再発してしまうのではと、マイナスな思考になっています。
pT1b の場合の再発率は10%程と理解しておりますが、10mm の場合だとpT1cに近い為、再発率は5mmの場合と比べてやはり上がってくるものなのでしょうか。

また一般的に公表されていますステージ1 の再発率と、実際に大勢の患者様を診察されている田澤先生の再発率の感覚は、だいたい同じようなものでしょうか。

浸潤径が10mm×5mm×4mmの場合、体積も重要になってくるのでしょうか。
やはり再発の事がとても心配になってしまったので、お忙しいところ大変申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願い致します。
今後はなるべく前向きに考えていきたいと思います。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

石灰化をターゲットとしてST-MMTで非浸潤癌という診断
この様なケースでは手術標本で(病変全体を評価しても)非浸潤癌という確率が高い(9割以上)ので、質問者が「確率の低い方になってしまった」ということになります。

ただ、病理では同じ「浸潤径10mm」であっても「(画像上)しこりを形成している10mmと、(画像上は)しこりを形成していない石灰化だけの所見の10mm」では、実際は異なります。

「pT1b の場合の再発率は10%程と理解」
⇒10%もないでしょう。
 せいぜい5%程度

「10mm の場合だとpT1cに近い為、再発率は5mmの場合と比べてやはり上がってくるものなのでしょうか。」
⇒冒頭のコメント通り…
 (石灰化だけの所見で)「しこりを形成していない10mm」の再発率は、「(画像上)しこりを形成している5mmと同程度(もしくは、それ以下)」と思います。

「また一般的に公表されていますステージ1 の再発率と、実際に大勢の患者様を診察されている田澤先生の再発率の感覚は、だいたい同じようなものでしょうか。」
⇒そもそも「石灰化だけの所見である質問者」を「一般的なステージ1」と同列に扱う必要はありません。
 (質問者のように)「石灰化だけの所見でST-MMTの診断でも非浸潤癌(結果としては浸潤癌でしたが)」で、再発した方は(私の記憶には)全くありません。

「浸潤径が10mm×5mm×4mmの場合、体積も重要になってくるのでしょうか。」
⇒結果的に、それが「マスとして(画像上)認識できない原因」だとすれば、そういうことだと思います。

「やはり再発の事がとても心配になってしまった」
⇒お気持ちは解りますが…
 私の感覚では、「再発するとは、とても思えない」
 それが、正直な感覚です。

 
 


 

質問者様から 【結果3 有難うございました。】

性別:女性
年齢:43歳
病名:乳癌ステージ1
田澤先生の診察:[診察あり]
田澤先生の手術:[手術あり]

管理番号 6331 の夫です。

田澤先生

4月に田澤先生に手術して頂き、その後もこちらの質問コーナーにて疑問や質問をさせて頂きました。
4ヶ月経ちまして夫婦共にだいぶ不安が軽減してきたと思います。
それは田澤先生に手術して頂いたといういうことと、その後こちらでも不安なことについて何度も詳しく教えて頂けたことにより、正しい認識と理解が深まったからだと思います。

乳癌になってしまったことは不運でしたが、田澤先生に手術と今後も診て頂けるということは、とても運が良かったと思います。

ただでさえお忙しい中で、このコーナーの返答もされていることは本当に大変なことと思い、だだただ尊敬するばかりです。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
有難うございました。

まだ暑い日が続きますが、お身体ご自愛下さいませ。

<Q&A結果>





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。