Site Overlay

掲示板 2022年4月24日(日)

フリーコメントを投稿してください。
ニックネーム欄は本名禁止です。記載したくない方は「匿名」と入力してください。
投稿は内容を確認後に公開されます。(リアルタイム更新ではありません。)

下記は掲載されません。
【NG】乳がん治療(手術・放射線・抗癌剤)や症状に関すること、治療体験談は掲載されません。

初めて投稿する方は下記リンクをご覧ください。
掲示板について

*このページはQ&Aコーナーではありません。
田澤先生への質問は下記リンクからお願いします。
「乳がんQ&A」




このページは過去日です。閲覧、返信のみできます。
新規投稿は、こちらをクリック し最新の日付からお願いします。


・4月25日 17:30 たつのおとしご【返信】ふーちゃん2626 ( 09:59投稿 ) >読む
・4月25日 09:59 ふーちゃん2626【返信】ふーちゃん2626 ( 09:40投稿 ) >読む
・4月25日 09:40 ふーちゃん2626【返信】たつのおとしご ( 19:22投稿 ) >読む
・19:22 たつのおとしご >読む
・17:37 時雨 >読む
・14:06 Missy >読む
・10:09 ふーちゃん2626 >読む

コメントを残す

コメント、ニックネームを入力し、同意事項にチェックを入れてください。


添付可能ファイル:jpg、jpeg、png、gif、pdf ファイルは1枚のみ(複数枚の場合、別々で送信してください。こちらで1コメントに編集します。) 最大添付ファイル: 5 MB.

7 件 “掲示板 2022年4月24日(日)

  1. たつのおとしご says:

    こんにちは。

    乙女鯛、美味しそうです〜♪
    鯛のお鍋というと、薄く切って鯛しゃぶのイメージでしたが、厚めに切って鯛鍋も美味しそうですね。

    さすがにこのご時世、聞かなくなりましたが、私が学生の頃は、整形外科を筆頭に、非力な女性には難しい手技が多いことから「女医さんお断り」を公言している科もありました。
    学生の頃はピンと来ないところもありましたが、働き始めてからは、男女の生物学的な違い(優劣ということではありません)に直面して悩むことは少なくありませんでした。
    一つめは、フィジカル面での男女差というところですね。体力的な面で男性との差を感じることは多く、先生がコラムで書かれていたような筋力、握力などを求められる手技で、努力ではどうにもならない男性との生物学的な違いを痛感する場面も多かったように思います。心カテの止血の際には、握力が無くなってきて、苦労した記憶があります。また、女性にしかない出産という人生のイベントの時期と、色々な経験を積んで手技のスキルが伸びる年代が重なることも、悩ましい点なのかなと思います。
    2つめは、男性脳と女性脳の違いの部分ですかね。男性脳と女性脳でいろいろ違う部分があるようですが、方向音痴は男性には少ないように、空間認知能力という点では男性脳の方が女性脳より優れていると言われていて、私は典型的な女性脳なようで、これに結構悩みました。エコーをする上で空間認知は重要なので、この部分で男性との差を痛感しました。トレーニングや経験で差は埋められると思いますし、女性でも男性脳の持ち主、男性でも女性脳の持ち主はいるので、女性でも空間認知が得意な人もいると思いますが、超方向音痴で空間認知が苦手な自分は、高い空間認知能力が要求される外科医にならなくて良かったなって思っています。
    女性の方が向いている分野もあると思いますが、女性医師として、もう一度選べるなら何科を選ぶかと聞かれると、今も迷いますね…笑

    1. ふーちゃん2626 says:

      たつのおとしごさん

      こんにちは。
      実は昨日、(Dr.Tのコラムから派生して)我が家でもそんな話題で盛り上がっていました💦笑
      たいへんタイムリーでしたので興味深く拝読いたしました♡

      (昨年度、全国に81ある国公私立大の医学部医学科の入試で、
      女性の合格率が初めて男性上回ったことが、ニュースにもなり、)
      「これからどんどん女医さんが増えてくるよー」なんて、ムスメとも話してたんです。
      (確かに)”優劣”ということではなく、それぞれの特性から、様々な面で”差”or”違い”があること、これは(おそらく永遠に)否定できませんね。
      ただ、(昔と比べて)特性を生かすことがうまくなってきている or 特性を生かせる範囲が広がってきているようにも感じています。

      子どもの世界でもそうです。
      昔は、生徒会長や応援団長と言えば男子でした…よね?
      今や、会長も団長も女子が殆どです❢

      10年後、20年後…
      世の中、どんな風に変わっているのかなーって、
      とても楽しみでもあります。

      1. ふーちゃん2626 says:

        追記💦
        今や、会長も団長も女子が殆どです❢
        ⇨(ムスメの通う小・中学校では)

        1. たつのおとしご says:

          今どきは、応援団長も女子だったりするんですね…ビックリしました!
          時代の変遷を感じますね〜

  2. 東の果ての乳腺外科医、
    今週のコラム 338回
    ありがとうございます。

    ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    (一部引用、させて頂きますね。)
    1.深い部位でMMTEを選択する理由

    MMTEは、太くて先が「切れる」ので硬い組織も「バターナイフが通るがごとく」スーと入る。

    この感覚、よくわかります。
    私は、東の果ての乳腺外科医に、MMTE をして頂きました。
    麻酔が効き、針が通過していく。
    本当に、その通りの感覚なのです。
    しかも、滑らかに。
    (勿論、痛みなし!)

    2.エコーの特性
    エコーは(表面から深くなるにつれて)どんどん減衰するので「深い部位の質的評価は難しい=誤診に繋がる」のです。

    大学病院で、技師と研修医のみにて、超音波を、3回しました。
    (内、針生検1回)

    その後、超音波では、確認出来なかった、がんらしきものが、MRI でわかりました。
    (転院の経緯は省きます)

    けれども、東の果ての乳腺外科医は、超音波で見つけて下さいました。
    (これも質的評価と思うのです。)

    東の果ての乳腺外科医は、別次元の方。

    その時、 私は、大学病院での、出来事と比較をしたら、大変失礼な事であり、【医師に対しての、見方、認識、意識を、しっかりと、持たないといけない】
    それと、【この先は、もう大丈夫】
    そう確信をした、瞬間でもありました。

    ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    貴腐ワインの紹介🍷
    私も、戴いた事がありましたが、とにかく甘く、蜂蜜を飲んでいる感覚でした🍷
    (銘柄は忘れました。)

    東の果ての乳腺外科医は、どんな食材と合わせて、戴きますか?

    私は、貴腐ワインだけで充分。もうデザートです。
    (強いていえば、口直しに、麦か米焼酎が欲しい。邪な思いが…..
    ソムリエ麦ちゃんさんにも、怒られますね。)

    ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞【篤’S recipe】
    乙女鯛の鍋。
    味付けは?
    ゆず ぽん酢、胡麻だれで、戴いても美味しそう!
    絶対、日本酒にも合います🍶

    ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞【バウムクーヘンを巡る旅】
    週末に、心の旅ができますね。
    (3種類の、個性が気になります。)
    ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    東京は、午後から雨。
    ハッピーアワーは、雨が降る前に、間に合いましたか?

    明日は、手術日でしょう。
    わくわくしていたら、空が晴れていなくても、
    心は晴れています☀️

    それでは👋

  3. こんにちは😃

    今週のコラム…
    ふむふむ…ワインをあまりよく知らないわたくしにはとても勉強になります!!
    先生…心の準備が1週間で整ってよかった👍✨😆

    ハンガリー…ドナウの真珠の夜景はとっても綺麗だったことを思い出します…。
    世界一美しいマクドナルドもあるとか…?🤔
    見てみたかった!!😙
    ウクライナも(行ったことないけれど…)緑豊かで数々の歴史的建造物があるとても綺麗な国だった…と思うと…、
    焼け焦げていく街の映像を連日見ては心が痛んでいます…😣

    私が生検したDrに終わった後ふと思ったことを今週のコラムを読んで思い出しました…。
    微動打にせずただ天井の一点だけを見つめていたら…検査中盤ほどに手を止めて…
    「痛い?苦しい??」
    と…ちょっと不安気な顔で問いかけた先生…。
    「いえ…なんともありません…」と答えて…
    その言葉を聞いて、先生はまた普通に検査をし出したと言うことがありました。
    私的には動かない方がいいと思って…、まな板の”鯛”ならぬ😅”鯉”状態でいたわけでしたが…🤔
    「えっ!?もしかしたら肺を貫通したとでも思ったのかしら…??」
    と…後から思い…🥶
    とても怖くなったことを思い出しました…😱

    『検査がスムーズに進むことが最大の安心感…』
    本当にそうだと思います。

    先日の先生のご投稿では…
    尊い命がこの判断によって失われてしまうことにでもなってしまったら…
    そう思うと言葉になりません…😖

    乙女鯛美味しいそうですね!
    毎月お届けっていいですよね!!😊

  4. ふーちゃん2626 says:

    (言わずもがな、)私の「基準」のすべては「Dr.T」。

    例えば…
    母が自身でシコリを見つけて近くの大学病院へ行ったところの主治医:
    最近ではね、細胞診というのは確定診断には使わなくなったんですよぉー(と言ったんだそう。)
    おー❢正解❢(とりあえずは)まずまずのドクターやな❢(とワタシ呟く。)

    また例えば…
    組織診後の止血。
    (Dr.Tに針生検して戴いたことのある方ならウンウン頷いてくださるかと思いますが、)
    圧迫のチカラが半端ない❢
    単に止血がお上手という意味ではない❢
    それだけ確実に採取された証❢(という安堵と確信でワタシ満ち溢れた。)

    “正しいスタンダード”を知ることって大事ですよね。
    (昨日の、ランニングシューズのお話もそうですけど👟♡)
    ワインも然り!?(話が飛ぶ💦)
    貴腐ワインは(スタンダード比💦)極甘♡
    (せんせー、ワインは辛口がお好みでは!?)
    甘口も👌ということでしたら、細身ボトルのアイスワインなんかも”面白い”かもしれません♡
    此方は朝から☔。ハッピーアワー🍷お急ぎください♡笑

Scroll Up