Site Overlay

掲示板 2022年3月6日(日)

フリーコメントを投稿してください。
ニックネーム欄は本名禁止です。記載したくない方は「匿名」と入力してください。
投稿は内容を確認後に公開されます。(リアルタイム更新ではありません。)

下記は掲載されません。
【NG】乳がん治療(手術・放射線・抗癌剤)や症状に関すること、治療体験談は掲載されません。

初めて投稿する方は下記リンクをご覧ください。
掲示板について

*このページはQ&Aコーナーではありません。
田澤先生への質問は下記リンクからお願いします。
「乳がんQ&A」




このページは過去日です。閲覧、返信のみできます。
新規投稿は、こちらをクリック し最新の日付からお願いします。


・3月8日 08:24 ふーちゃん2626【返信】北のフネ⛄️ ( 16:02投稿 ) >読む
・3月7日 16:02 北のフネ⛄️【返信】ふーちゃん2626 ( 14:33投稿 ) >読む
・3月7日 14:33 ふーちゃん2626【返信】北のフネ⛄️ ( 16:34投稿 ) >読む
・16:34 北のフネ⛄️ >読む
・10:26 ふーちゃん2626 >読む

コメントを残す

コメント、ニックネームを入力し、同意事項にチェックを入れてください。


添付可能ファイル:jpg、jpeg、png、gif、pdf ファイルは1枚のみ(複数枚の場合、別々で送信してください。こちらで1コメントに編集します。) 最大添付ファイル: 5 MB.

5 件 “掲示板 2022年3月6日(日)

    1. ふーちゃん2626 says:

      フネさま

      昨日は此方でも午後(一瞬)、霙混じりの雨が降りました。
      天気予報にはなかったことです。
      夫は(張り切って)朝から洗車。
      この時期は黄砂やら?花粉やら?
      見事に、あっという間に、ほら”元どおり”😖💦
      「日頃の…xxx」と言いかけて止めておきました(笑)

      フネさまは花粉症に悩まれることはないのですよねー❢
      毎朝、鼻に噴霧(シュッシュッ)、目に滴(ポタポタ)…
      今年はこれでなんとか乗り切りたいと思います😓

      「氷筍」…少し背が縮んてきました❔気になっております♡

      1. 北のフネ⛄️ says:

        ふーちゃん2626さん

        ただ今、嫌々リフォームから帰宅。
        おんなじ所を何回もぶつけて泣。

        ワタシは違うのですが、ウチの夫はいろんな種類の花粉症で、常に目が痒いと言ってますね。
        気の毒。

        氷筍はだいぶホッソリ。
        昼間解けて、夜のうちにまた積もるってのが、何日か続いています。
        写真の下の方に鳥の羽が見えますかね?
        ここで狩りがあったのは間違いなし。全部解けるのが怖い〜。

        B30E97C1-8B8A-49F6-959D-7A477287205C

        1. ふーちゃん2626 says:

          フネさま

          ありがとうございます❢
          私がイメージしていたのとちょっと違う👀♡
          “背が低く”なるというよりは”痩せちゃう”んですね❢
          ……。全部溶けた跡のアップもお待ちしております😓💦

          そうですね…
          年々、花粉症の対象が広がってくることも…😖💦
          この時期限定、ボックスティッシュはちょっと割高なもの、選びます(笑)

          カーペンターフネさま…
          お怪我のないように…♡

  1. ふーちゃん2626 says:

    コラム331、ありがとうございます。

    「診断手段を(そもそも)持っていないのに経過観察する医師」
    …思わず(勝手に)持っていないのに⇒持っていないから と読み替えてしまいそうになりました💦

    『(画像上)癌とは断定できないから、紹介するにはあたらない。もう少し「明らかに癌」と確信できるまで経過をみよう』
    …これが一番ひっかかりました💦 
    画像上、癌と確信できるまで経過観察するのが乳腺クリニック医の役割とでも!?

    (患者一人一人は「一症例」にしか過ぎないわけですけれど)それを何万と診てこられたドクターには、
    自ずと明らかに見えてくるものがあるんですね❢
    しかも、”想像”で仰っているわけではなく”現実”。

    良性所見のものに針を刺すことを嫌う(避けたがる)医療機関(医師)があります(むしろそれが多いように思います)。
    「こんな所見が癌?」というのは…
    “確定診断の最前線”で日々闘ってくださっているドクターにしか得られない衝撃なんでしょうね、きっと♡

Scroll Up