Site Overlay

掲示板 2022年2月20日(日)

フリーコメントを投稿してください。
ニックネーム欄は本名禁止です。記載したくない方は「匿名」と入力してください。
投稿は内容を確認後に公開されます。(リアルタイム更新ではありません。)

下記は掲載されません。
【NG】乳がん治療(手術・放射線・抗癌剤)や症状に関すること、治療体験談は掲載されません。

初めて投稿する方は下記リンクをご覧ください。
掲示板について

*このページはQ&Aコーナーではありません。
田澤先生への質問は下記リンクからお願いします。
「乳がんQ&A」




このページは過去日です。閲覧、返信のみできます。
新規投稿は、こちらをクリック し最新の日付からお願いします。


・22:18 北のフネ⛄️【返信】たつのおとしご ( 19:28投稿 ) >読む
・22:05 ふーちゃん2626 >読む
・19:43 時雨【返信】ふーちゃん2626 ( 09:15投稿 ) >読む
・19:28 たつのおとしご【返信】北のフネ⛄️ ( 16:44投稿 ) >読む
・16:44 北のフネ⛄️【返信】たつのおとしご ( 07:50投稿 ) >読む
・14:47 ライフバード >読む
・14:37 ライフバード【返信】ふーちゃん2626 ( 09:15投稿 ) >読む
・13:38 すいーとぽてこ【返信】すいーとぽてこ ( 13:16投稿 ) >読む
・13:16 すいーとぽてこ【返信】ふーちゃん2626 ( 09:15投稿 ) >読む
・10:45 ねね👢【返信】ふーちゃん2626 ( 09:15投稿 ) >読む
・10:30 ふーちゃん2626【返信】ふーちゃん2626 ( 09:15投稿 ) >読む
・10:26 北のフネ⛄️【返信】ふーちゃん2626 ( 09:15投稿 ) >読む
・09:15 ふーちゃん2626 >読む
・07:50 たつのおとしご >読む

コメントを残す

コメント、ニックネームを入力し、同意事項にチェックを入れてください。


添付可能ファイル:jpg、jpeg、png、gif、pdf ファイルは1枚のみ(複数枚の場合、別々で送信してください。こちらで1コメントに編集します。) 最大添付ファイル: 5 MB.

14 件 “掲示板 2022年2月20日(日)

  1. ふーちゃん2626 says:

    御心遣いを戴いてしまい…
    申し訳ないくらい恐縮しております。
    ありがとうございます。

    発症してからたった12時間…
    あまりに唐突。
    やるせない、だけど、誰が悪いわけでもない、まさか!という思い…諸々、やはり(コロナ死とは)複雑なものですね。

    高齢者施設でのクラスター。
    テレビで流れているのを見ているだけでは
    まだまだ無責任だった自身を顧みているところです。

    コロナから学ばされることも…多いですね。

  2. ライフバード says:

    田澤先生、政治もコメントされるのですね。新鮮ですね。バームクーヘンとカレーが先生にとってホットな話題かと思ってました。ほら、わたしメンタル男なんでスイーツ情報うといんてす(笑)ジョークてす。

    私もウクライナ注視しています。現代は昔のような目に見えるドンパチの争いではなく、インテリジェンスの争い、情報warなので、プーチン、その他のリーダーの情報戦争になっているとおもいます。おっと、話し出すとここでは書けない内容なのでやめときます!先生の色々な興味を持たれること書くのは良いですね。人間臭い面も垣間見れて。次回虎ノ門ニュースご出演いかがてしょうか?(笑)

  3. ふーちゃん2626 says:

    おはようございます。
    雨が上がり気持ち良~く晴れております。

    こんな話…(躊躇しましたが…)すみません。読んで戴ける方のみで。
    一昨日夜、大阪の施設に居る叔父(母の兄)が急逝しました。
    一昨日朝、発熱。解熱剤を処方され、一旦回復。昼食済ませたあと、再び高熱。抗原検査は陰性。娘(私の従妹)が呼び出される。救急車手配。受けてくれる病院見つからず。準備していた酸素が尽き、取りに戻る隊員。漸く…「(延命)治療は希望しない、看取るだけでもよいということなら受けてくれる病院が1軒ある…」と。
    「そこで構いません…」と、搬送された病院でPCR陽性。
    家族とはすぐに引き離され…
    そのまま…。
    専用の火葬場へ、ところが、「今一杯なので、4日後にお迎えに来てください…」と。
    隊員さんも必死に対応してくださったんだと思います。感謝です。誰を責めるつもりもないのだけれど…
    もうちょっと優しい最期…
    コロナって残酷ですね。

    1. 北のフネ⛄️ says:

      ふーちゃん2626さん

      突然のお別れ。
      やるせないですね。
      お悔やみ申し上げます。

    2. ふーちゃん2626 says:

      <誤字/訂正>
      叔父 ⇒ 伯父(母より歳上)
      従妹 ⇒ 従姉(私より歳上)

      …日本語って難しい😓💦

    3. ふーちゃんさん
      こちらも晴れてま~す🌞

      なんと言葉をおかけしていいのか😢⤵️⤵️
      おっしゃるように誰が悪いわけでも、責められもしないですが、、、つらい、、、ですね😢⤵️⤵️

      コロナめ~😡⚡

    4. すいーとぽてこ says:

      ふーちゃんさん

      聞いただけでもショックです…
      ご家族のショックと悲しみはいかばかりかとお察しします

      コロナの場合、突然ですものね
      病気と違い、心の準備もできてないうちに。。。

      医療が逼迫し過ぎて入院できず、
      助かる命も助からない現状!
      なんとかならないものか。。。

      1. すいーとぽてこ says:

        訂正

        「病気と違い」→「がんなどの病気と違い」

        (コロナも病気ですものね💦
        でも闘病の期間が短かすぎて…)

    5. ライフバード says:

      ふーちゃん、そうでしたか。なんと言葉に表したら良いか、お悔やみ申し上げます。

    6. ふーちゃん2626さん

      謹んでお悔やみ申し上げます。

      ご遺族の皆様や、ふーちゃん2626さんに、お疲れが出ませぬよう、ご自愛くださいませ。

  4. たつのおとしご says:

    お久しぶりです。

    北京オリンピック、フィギュアスケートの坂本花織選手、銅メダルおめでとうございます!
    地元出身で、ずっと応援していたので嬉しいです。
    どんな状況でも自分のやるべき事に集中してベストを尽くす姿勢が、潔く、清々しくて素敵だなぁって思います。

    先日のコラムで、先生が休日2時間半のランニングをルーティンにされていることにビックリ…多分すごい距離ですよね…
    雪が積もる日も同じコースを走られるのは、ホントにすごいなぁと尊敬しつつ、2回転倒のエピソードには、外科医の大切な手や腕が骨折でもしたら…と思うとヒヤヒヤしてしまいます…
    足元にはくれぐれも気をつけてくださいね!

    私は、今年の5月に予定されていた世界マスターズ水泳 in 福岡の延期がついに決まってションボリしてます。
    当初2021年の予定が2022年になり、今度は2023年に…はぁ…
    まぁコロナの状況を考えると仕方ないですね。
    一年ちょっと時間ができたので、新たな目標を掲げて頑張ろうかなと思ってます。

    1. 北のフネ⛄️ says:

      たつのおとしごさん
      お久しぶりです。

      ワタシ何だか怖くて、今回のオリンピックほとんど観られていません。
      ジャンプも、フィギュアも怖くて観れない。結果を知っていてもドキドキです。さっきやっと平野歩夢選手と坂本花織選手を観ました。

      努力が必ずしも報われる訳ではない(報われるの意味がメダル獲得と限定するならば)けれど、努力するしかない訳で…。
      ドーピングなんてホントに腹立たしい。
      ロシア選手の処分にはウクライナ情勢が影響していたのではとボンヤリ思ったりしていますが、イロイロ残念だなあと思います。

      たつのおとしごさんのお仕事も随分コロナに煩わされていることとお察しします(そうでないところはありませんが)。
      新しい目標も応援しています。
      お気を付けて。

      1. たつのおとしご says:

        北のフネさん、お久しぶりです。

        ドーピング騒動…真相は分かりませんが、釈然としないままオリンピックが終わってしまいましたね。
        ロシアのスポーツ医学のレベルは非常に高いと聞いたことがありますが、良い方向に使われれば競技力向上になるんでしょうし、悪用されればドーピングということになるのでしょうか…

        コロナ禍で、仕事はやはり余分な気を使うというところはありますし、旅行したり美味しいものを食べに行ったりといったリフレッシュや気晴らしがしにくいというところもあります。
        そんな中、先日、少し嬉しいこともありました。
        以前に旅行で萩を訪れた際に、萩焼の器を買って以来、時々、器を買い足したりと窯元の萩焼作家の方と交流がありました。
        私の職業や、職場でコーヒーを飲むのにその方が作った萩焼のカップを使っていることなどを知ったその萩焼作家さんから先日、「コロナ禍で心労も多いと思いますが、私の作った器が少しでも安らぎのお手伝いになりましたら幸いです」という温かいお便りを頂きました。
        こんなに素敵な方が作った器なんだなと思うと、より萩焼が好きになりました。
        コロナが落ち着いたら、また訪れてみたいなぁと思ってます。

        コロナが落ち着いたら、北海道にも旅行したいです!

        1. 北のフネ⛄️ says:

          たつのおとしごさん

          本当に素敵な方ですね。なんだかワタシまで元気を貰いました。
          世の中いろんなところに少しずつ素敵が散りばめられていますね。

          是非北海道にもいらしてください。
          熊出ますけど。

Scroll Up