Site Overlay

掲示板 2021年3月11日(木)

フリーコメントを投稿してください。
ニックネーム欄は本名禁止です。記載したくない方は「匿名」と入力してください。
投稿は内容を確認後に公開されます。(リアルタイム更新ではありません。)

下記は掲載されません。
【NG】乳がん治療(手術・放射線・抗癌剤)や症状に関すること、治療体験談は掲載されません。



このページは過去日です。閲覧、返信のみできます。
新規投稿は、こちらをクリック し最新の日付からお願いします。


・3月13日 14:56 mama32065💐【返信】すいーとぽてこ ( 00:09投稿 ) >読む
・3月13日 14:25 mama32065💐【返信】時雨 ( 22:29投稿 ) >読む
・3月13日 00:09 すいーとぽてこ【返信】mama32065💐 ( 16:25投稿 ) >読む
・3月12日 22:29 時雨【返信】mama32065💐 ( 16:25投稿 ) >読む
・16:25 mama32065💐 >読む

コメントを残す

コメント、ニックネームを入力し、同意事項にチェックを入れてください。


添付可能ファイル:jpg、jpeg、png、gif、pdf ファイルは1枚のみ(複数枚の場合、別々で送信してください。こちらで1コメントに編集します。) 最大添付ファイル: 5 MB.

5 件 “掲示板 2021年3月11日(木)

  1. 東日本大震災発生から今日で10年。
    午後2時46分。黙祷させて頂きました。

    あの日の事は今でも鮮明に覚えています。
    東北から遠く離れた我が居住地でも、
    仕事中立っていられない程の大きな揺れでした。
    テレビからは目を見張る信じられないような光景。
    東北に住む知り合いに、何度か支援物資を送りました。
    決して風化させてはいけない出来事だと思います。
    改めて犠牲となった多くの方達のご冥福をお祈り致します。

    この10年の間に私自身の生活も大きく変わりました。
    今、平凡な日々を送れる事に感謝して生活していきたいと思います。

    1. mama32065さん、
      はじめまして。

      素敵なクレイ教室の、先生の作品、拝見しています🏵️

      2011年 3月11日
      午後14時46分18秒
      私も、生涯忘れない1日でした。
      (仕事の電話応対中で、心の中での、黙祷でした)

      勤務先が、東京駅や気象庁に近かったため、情報は早かったのですが、
      それを、知っても何も
      できませんでした。

      JR、地下鉄、私鉄、都営線、すべて停止になり
      私は、23区内に住んでいたので、歩いて帰宅できましたが、帰宅難民で社内に泊まる者、そして、携帯電話が、繋がらず。

      その後も、食品や日用品やガソリンなどの
      不足が続き、東京の脆さを、肌で感じました。

      放射線に関わる、風評被害を、受けられた方々も多く、その報道を
      知るたびに、怒りと、
      何で差別という最低な、言動と行動を、起こす人間がいるのか、理解ができませんでした。
      (コロナウィルスの、医療従事者の皆様への問題と同じですよね。)

      東京電力は、福島県の、原子力発電所が、あるからこそ、成り立っています。
      でも、福島県の方々は
      東京電力を使う事はできません。

      電力、農産物、海産物、
      文化、東北から多くの
      恩恵を、毎日頂いています。
      その事は、これからも、
      忘れてはいけない、教訓です。

      mama32056さん、
      クレイ教室には、仕事のため、参加できませんが
      この、掲示板で、ご縁が
      できました。

      とても、大事なコメント
      ありがとうございました♥️

      1. 時雨さん
        返信ありがとうございます💐

        あの日の事は、一年に一度思い出すのではなく、戒めとして何時も心に留めて置かなければいけないと思っています。

        掲示板から皆さんとお話しする事が出来、クレイ教室が生まれました。
        このご縁をこれからもずっと大切にしていきたいと思っています💐

    2. すいーとぽてこ says:

      mama💐さん、

      本当に、おっしゃる通りですね。

      犠牲になった方々は2万2千余人という「数字」ではなく
      お一人お一人が かけがえのない人で
      大切な人を失ったご家族や友人の喪失感や悲しみは いかばかりかと思います。

      特に親を失った小さな子どもの話は胸が詰まります。
      6才の男の子が母に会えない寂しさから
      「僕も津波に流されたらママに会えるかな」と。。。
      どんなにか母が恋しかったことでしょう。

      mamaさんの書かれた通り、
      日々無事に過ごせることは当たり前ではないことを思い
      感謝して生活したいと思いました。

      1. すいーとぽてこさん

        あの日、多くのかけがえの無い命が失われて、自然の前には人間は無力だと思い知らされました。

        患うまでは健康である事も当然の事だと過信していました。
        3月11日は命の重さについても考える日になりました。

Scroll Up