Site Overlay

余命一年と言われました

[管理番号:4633]
性別:女性
年齢:57歳
田澤先生こんにちは
昨年3月に乳癌と診断され、昨年4月(下旬)日に右乳腺皮下全摘術、腋下リンパ節郭清を行いました。
しこりは1.4センチ
リンパ節転移15個中9個
多臓器転移なし
エストロゲンレセプター90%
プロゲステロンレセプター90%
her2陰性
ki67 50%
グレード2でした。
その後、化学療法としてパクリタキセル12回エピルビシン4回を行い、
放射線治療を週5日を5週間行い、ホルモン療法としてレトロゾール錠2.5mgを今年の3月頭から服用中です。
今年1月に受けた血液検査ではマーカーが5だったのに、
4月に入って受けた血液検査がマーカー124となりCTの結果肝臓に転移が見つかりました。
脳mriとpet検査を来週予定しています。
医師からはこんなに早く転移するケースは稀で、抗がん剤もホルモン剤も効かなかったということになるので、再発治療(抗がん剤)を行っても効かない可能性が高く、余命は1年くらいかもしれないと言われました。
本当にもう可能性は低いのでしょうか?何か良い方法はないでしょうか?
先生なら今後どのような治療(薬剤名も教えて頂きたいです)を行うとおもいますか?
宜しくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
肝転移とのこと。お気持ちお察しします。
ただ担当医の「抗がん剤もホルモン剤も効かなかったということになる」とありますが…
このメールからは「ホルモン療法としてレトロゾール錠2.5mgを今年の3月頭から服用中」と言う記載からは…
 ホルモン剤が効かなかったことにはならないですよね?(1カ月位しか内服していないわけですから)
 なぜ、術後1年近くも「ホルモン療法やらなかったのか?」
 「アンスラタキサン」は半年間 放射線は1カ月半ですよね?
 そもそもホルモン療法は、(アンスラサイクリンとは併用は避けるとしても)それ以外と併用してもいいわけですが…
「先生なら今後どのような治療(薬剤名も教えて頂きたいです)を行うとおもいますか?」
⇒肝転移の状況(数や大きさ)がわかりませんが…
 私なら、最強で最良(効果と副作用のバランスがいい)である
bevacizumab+paclitaxelを選択します。
 ○まずはビジョンが必要です。
  第1目標:画像上完全寛解
  第2目標:それを維持する
  「先の先」ばかり見ようとせず、まずは「第1目標」へ向って頑張る事です。
  担当医からビジョンを示してもらいましょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
3+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up