Site Overlay

脇下の痛み

[管理番号:4573]
性別:女性
年齢:42歳
左胸に8mmのしこり、クラス4、浸潤癌の疑いということです。
針生検の二日後、同じ側の脇の下に痛みがでてきました。
やはり脇のリンパへの転移による痛みの可能性が高いでしょうか?
また、針生検によりがん細胞が飛び出したのちにリンパへ到達してしまったんではないかという素人ながらの発想で思い込んでしまうのですが、 そんなことはあるのでしょうか?
ただいま 紹介先病院へ診察待ちの日々です
心配でなりません よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
まず、ご指摘したのは「リンパ節転移は無症状」
○もしも針生検後に「腋窩が痛くなった」としたら、
 1.乳腺部の侵襲(感染はおこらないとしても、多少の皮下出血は起こりうるので)による反応性の痛み
 2.そもそも「針生検をすること、したことに対するストレス」による副乳などの(女性ホルモンによる)「刺激症状」です。
  ♯この場面で「腋窩リンパ節に転移が起こったから痛いのでは?」などと考える乳腺専門医はいません。
「やはり脇のリンパへの転移による痛みの可能性が高いでしょうか?」
⇒全くの「誤り」です。(上記コメントを参照のこと)
「そんなことはあるのでしょうか?」
⇒ありえません。
 余計な心配をせずに冷静になりましょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up