乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7032]
性別:女性
年齢:50歳
病名:
症状:

腫瘍径7ミリ、ホルモン+、ハーツーマイナス、ki67_10%という状況で、手術を2ヶ月ほど延ばすのはリスクが高いでしょうか?
初診から4か月後の手術になります。

当初、部分切除から全摘に直前で変更になったこともありセカンド・オピニオンも考え時間がほしいですが、その間に進行するのも怖いです。

今のところリンパ節に転移はないようです。
時間がなく迷っています。

ご意見伺えるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「腫瘍径7ミリ、ホルモン+、ハーツーマイナス、ki67_10%という状況で、手術を2ヶ月ほど延ばすのはリスクが高いでしょうか? 初診から4か月後の手術になります。」
→あまり勧めませんが…

 状況からは「許容範囲」だと思います。(ただし「延期癖」がついてしまい、結局「手術しなかった」などがないようにしてください)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。