Site Overlay

再発についての質問

[管理番号:5750]
性別:女性
年齢:43歳
はじめまして。
いつも拝見させていただいております。
8年前位に右乳房の石灰化で要精検となり、クリニックで毎年マンモとエコーをしていました。
昨年9月に左乳房に癌が見つかり、他の病院を紹介され11月に乳房温存手術をしました。
病理組織診断の結果は、硬がん、12×7×6mm、fly+、v-、グレード2
(3
+1)、リンパ節転移なし、ステージ1、surgical margin(-)、ER30%、PgR
+90%、Her2陰性、index5-10%でした。
核異形が3というのが気になりましたが、手術後から先生のコラムを読ませていただき、グレードはあまり気にしなくて良いことを知り安心しています。
ただ、病理組織診断結果の中で、「背景の乳腺組織には上皮に種々の程度の異型あり、
#3ではADH的な像を認める」との表記があり、その点が気になっていました。
これは、どのようなことを意味するのでしょうか?
 
また、ルミナールAとの診断結果により、手術後は放射線とホルモン療法(タモキシフェン・リュープリン)をしています。
ただ、手術した内部がまだ長方形のように固く、8月に受診した際に先生も気になったのか、その部分だけエコーしましたが、乳腺だろうとの話でした。
術後1年経つので次回エコーを希望しましたが、中々返事をしてもらえず
何回か強くお願いし、今年10月にエコー(技師による)をしてもらいました。
手術跡辺りをかなり長い時間エコーで見ていると思ったら、5ミリ位の何かがあるとの説明でした。
医師からは水がたまっているのかもしれないとのことで、次回3ヶ月後の定期受診まで様子を見ましょうとの話があり、一応腫瘍マーカー検査(CA15-3,CEA)をし、来年1月に結果を聞く予定です。
術後から1年が経過しますが、水がたまると言うことは良くあることなのでしょうか?
薬の副作用なのか、肩こりやイライラに悩ませられながらも仕事や子育てに追われ、
乳癌であることをあまり意識することなく生活していただけに、とても不安になりました。
現時点で、他の検査をしなくてもよいかどうか、するとすればどのような検査が考えられるのか、田澤先生にお伺いしたいのですが、どうぞよろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「ただ、病理組織診断結果の中で、「背景の乳腺組織には上皮に種々の程度の異型あり、#3ではADH的な像を認める」との表記があり、その点が気になっていました。これは、どのようなことを意味するのでしょうか?」
⇒癌の周辺の組織に(癌とは言えない程度の)異型があったということです。
 
 ただ、それらも切除しているのだから問題ありません(そのためにマージンをつけて切除するのです)
「今年10月にエコー(技師による)をしてもらいました。手術跡辺りをかなり長い時間エコーで見ていると思ったら、5ミリ位の何かがあるとの説明」
⇒普通に考えれば…
 術後の「瘢痕」でしょう。
 術後の瘢痕と異常所見の区別は(日頃からエコーを見慣れている)私でさえ時に難しいのだから、技師さんに「それを見分けさせることは、実に酷なこと」なのです。
 『今週のコラム68回目 その(術後の定期観察時の)エコーをすることは(患者さんの為ばかりではなく)「担当医自身にとっても、この上もない貴重な経験(勉強)となるのです。』をご一読ください。
「医師からは水がたまっているのかもしれないとのこと」
「術後から1年が経過しますが、水がたまると言うことは良くあることなのでしょうか?」

⇒普段から(自分で)エコーしない医師に解る筈がありませんよね?
「現時点で、他の検査をしなくてもよいかどうか、するとすればどのような検査が考えられるのか」
⇒極めて簡単なことです。
 その医師自身に「責任をもって」エコーしてもらうことです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up