Site Overlay

母の右胸細胞診

[管理番号:4058]
性別:女性
年齢:69歳
田澤先生、初めまして。
宜しくお願い致します。
母が先月市の婦人科検診を受け再検査になりました。
久しぶりに受けた検診で出た結果に不安が増しているようです。
乳腺専門のクリニックにて再検査をしてもらいました。
マンモグラフィーと超音波検査の結果、右乳房2時の方角、
乳輪から2cm上辺りに8ミリの楕円形の丸い影が見つかりその場で針で刺して検査をしたそうです。
診療明細書を見ると、病理→細胞診とあるので細胞診を受けたのだと思います。
結果、胸の丸い影は何か?と聞くと、「リンパ球」それ以外何もなしとのこと。
良性の物とは言われませんでした。
針が的を外していたのではないかと、調べても何なのかわからず不安な日々を送っています。
3か月後にまた受診するようにと、終わりました。
検査結果の用紙を求めたのですがそれも、ないと渡されませんでした。
なぜリンパ球が溜まるのか、この年齢でよくあることなのか、どうしたらいいか質問させてください。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
細胞診は(組織診以上に)技術に差がでる手技です。
残念ながら「検体不適性」のようです。
「「リンパ球」それ以外何もなし」
⇒これは残念ながら…
 検体不適性です。
「針が的を外していたのではないか」
⇒その通りです。
「3か月後にまた受診するように」
⇒このように…
 確定診をするために行った「細胞診」をしておきながら、「3カ月後経過観察」では(細胞診などせずに)「最初から経過観察と全く同じ」では無いですか!
 確定診断ができないようでは(厳しい様ですが)「乳腺専門」を標榜するに値しません。
「なぜリンパ球が溜まるのか」
⇒単純に…
 検体に当らずに、「血液中の血球細胞(リンパ球)」が細胞診所見にでているだけです。(検体不適性)
「どうしたらいいか質問させてください。」
⇒年齢的に、もしも「新たな所見」であれば、その「8ミリの楕円形の丸い影」は確定診断付けてもらった方がいいでしょう。(腕の確かな医師に)
 
 

 

質問者様から 【質問2】

田澤先生、お忙しい中とても納得のゆく回答ありがとうございました。
今回は、検体不適正だったことがわかり、やはり・・・と思うのと同時に、ショックです。
新たな所見の可能性が高い気がしているので、確定診断を付けていただきたく、今週水曜にメディカルプラザ江戸川に受診に伺います。
母を宜しくお願いいたします。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
「8ミリの楕円形の丸い影」
幸い、急を要する状況ではありません。
○水曜日の「予約外受け付け」は非常に混雑しており「平均、○時間待ち」という記載も憚られる状況です。
 しかも、結局「細胞診や組織診はその場でできず、予約をとるだけ」となります。
 「早めに受診して見解を早く聞きたい」というのであれば、それでもいいですが…
 お勧めは…
 「QandA」の管理番号を記載の上、秘書メールすると(緊急度に応じた)「予約を案内」します。 その場合には(当然)「その日に組織診まで行います」
 ご検討を。

秘書室へメールは、
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 

Scroll Up