Site Overlay

良性のしこりについて

[管理番号:5517]
性別:女性
年齢:33歳
こんにちは。
2ヶ月前の7月に、乳がん検診にて、左胸の内側下に7mm程のしこりが見つかり、細胞診をした結果、良性でした。
2ヶ月後に経過観察との事で2ヶ月後の先日、受診したところ、大きさは変わらないので、大丈夫だろうが、気になるようなら手術?で取るよ。
との事でした。
すぐに返事を決めれずに帰宅したのですが、取った方がよかったのか悩んでいます。
先生は柔らかい感じなので大丈夫だと思いますが、非浸潤癌などは柔らかい事もあるのでという事でした。
2回とも、大丈夫だと思うけどな~という感じなのですが、こういう場合一般的に取った方がよいのでしょうか?
万が一癌が隠れていたりもするのでしょうか?
細胞診は確実性に欠けるという意見を拝見した事があるのですが、やはり取り出して確実にはっきりさせる方がよろしいのでしょうか??
お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
細胞診しておきながら「2ヶ月後に経過観察」では、(其の細胞診には)「何の意味があるのだろう?」
「細胞診は確実性に欠けるという意見を拝見した事があるのですが、やはり取り出して確実にはっきりさせる方がよろしいのでしょうか??」
⇒「きちんとした」精度で、組織診(針生検)すべきです。
  そのかわり、(今後経過観察など不要なように)「100%確定診断という条件つき」で、してもらってください。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up