Site Overlay

NCCが上昇、再発率は?リュープリンは必要ですか?

[管理番号:9138]
性別:女性
年齢:38歳
病名:硬ガン
症状:症状なし
投稿日:2021年1月24日

乳がん術後から今年7月で丸7年です。

31歳の時に手術。
トリポジです。
ステージ2B。
センチネルに1つ転移がありました。

抗がん剤、ハーセプチン、リュープリン、
トレミフェン、UFT服用をしました。

術後5年の7月にリュープリン終了しトレ
ミフェンのみになりました。

10ヶ月後の昨年5月から生理が再開しました。
出血量も多く、不正出血もありまだ安定してません。

生理再開くらいからNCC-ST-439のみ上昇してます。

術前も術後も1.0でした。

生理再開から4.5→16→8→23に上昇しました。

造影CTも半年に1回してますが問題ありません。
脂肪肝は指摘されてます。

担当医は恐らく生理再開して安定してないのが原因でマーカーが上がっていると。

○NCC-ST-439は無意味な検査と先生の質問にありました。

やはりどこか不安がありあと半年で8年目記念ですが再発リスクはまだ高いですか?

○リュープリンをやめてNCC上がったのでもう一度自費でもいいので再開した方が良いですか?

子供が小さくまだ死にたくないです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「○リュープリンをやめてNCC上がったのでもう一度自費でもいいので再開した方が良いですか?」
⇒年齢から考えても(そもそも)トレミフェンは不適切だし、厳に「月経再開」したのだから(NCC-ST439の上昇にどの程度の意味があるのかは不明ながら)懸念事項があるのだから、当然LH-RHagonist+TAMとすべきです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
19+
Scroll Up