Site Overlay

核グレードについて

[管理番号:9100]
性別:女性
年齢:45
病名:乳ガン
症状:
投稿日:2021年1月6日

こんにちわ。
いつもこのページを拝見して勉強させて頂き、また救われている者の一人です。

不安定になりがちな中、ネットの情報をこちらに制限することで、なんとかギリギリ心の平穏を保てております。

わたしは先月乳ガンの診断を受け、紹介先の某病院にて診察を受けました。

腫瘍6ミリ、エストロゲン陽性、her2陰性でグレード1と紹介前のクリニックで説明を受けていたところ、紹介先の病院で改めて検体を見た結果、グレードは3と言われました。

前のクリニックでグレードは変わると聞いていたものの、それは手術後であり、
同じ検体でここまで差が出るのかと驚きました。

このようなことは多いのでしょうか?
お忙しい中申し訳ありませんが、ご教示頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

6mmの超早期がんなのだから、グレードのことなど忘れましょう。
手術病理で正確に判断してサブタイプに応じた術後薬物療法を行えばいいのです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
32+
Scroll Up