Site Overlay

乳輪下乳腺炎

[管理番号:8066]
性別:女性
年齢:40歳
病名:慢性乳腺炎
症状:10年以上に渡る同部位から自排、陥没乳頭部に固形膿?

初めまして。
海外在住40歳の乳輪下乳腺炎で10年以上悩んでいる者です。
常に同じ部位が腫れ、排膿してくれる医師が見つからない為、常に同じ部位から自排しています。
現在では、その部位が完治せず穴が開いている様な状態で、以前は膿が
溜まり自排に至ってましたが、今では、その穴から頻繁に膿が出てます。

日本にいれば診察を受けに行きたいのですが、行けない為に先生のご意見を伺いたく質問させて頂いております。
乳腺炎、乳腺症、乳輪下乳腺炎について拝読させて頂きましたが、大変申し訳ございませんが、先生の見解を伺えないでしょうか?

27歳位から陥没乳頭の左胸だけが乳腺炎を患っています。
毎年、エコー検査、マンモグラフィをうけてますが乳腺炎と診断されています。
患い初めた当初は、9ヶ月~11ヶ月周期だったのですが、息子を妊娠した5年前から周期が狭まり、授乳時は授乳困難でしたので常に乳腺炎、
授乳後は、6ヶ月置き、昨年から、3ヶ月周期未満になっています
2017年迄は排膿と抗生物質処置でしたが、頻度が頻繁になっている為、
1度だけ1ヶ月ステロイド剤での様子をしましたが、ステロイド剤飲み始め直ぐに治り、ステロイド剤飲み終わった後、やはり三ヶ月後には再発していました。

在住国の様々な医師に診察を受けているのですが、回答は
生検は、エコー検査とマンモグラフィの結果からする必要無し
ステロイド剤で完治しなかったので、左胸乳腺を完全排除する事で完治するだろう
影響部位だけの切除は他の乳腺で乳腺炎に患う可能性があるので意味が無い陥没乳頭の手術は乳腺摘出するので不要

先生にお伺いしたい事は下記になります。
1.乳腺全摘出以外方法は無いのでしょうか?
2.閉経時まで待っても完治しないのでしょうか?
3.陥没乳頭の手術をして、乳腺摘出せず完治する事は無いのでしょうか?
4.手術せずに治す方法は無いでしょうか?
5.生検は本当に不要なのでしょうか?

ご多忙の中大変申し訳ございませんが、どうぞご教示お願い申し上げます

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「1.乳腺全摘出以外方法は無いのでしょうか?」
→乳輪下乳腺炎(膿瘍)は「陥没乳頭に伴い、乳管が閉塞し垢が溜まる」ことで起きます。

 通常は「その閉塞し炎症の原因となっている責任乳管と連続させて膿瘍を切除」するだけでいいのです。
  ★陥没乳頭に伴う(繰り返す)乳輪化乳腺炎の手術は時々行います。

「2.閉経時まで待っても完治しないのでしょうか?」
→いくらかは頻度が減るかもしれませんが根本的な解決には至らないでしょう。

「3.陥没乳頭の手術をして、乳腺摘出せず完治する事は無いのでしょうか?」
→責任乳管及びそれに連続した慢性炎症組織(膿瘍)をきちんと摘出しないと無意味です。

「4.手術せずに治す方法は無いでしょうか?」
→手術が唯一の根治手段です。(抗生剤や切開排膿は「一時凌ぎ」に過ぎません)

「5.生検は本当に不要なのでしょうか?」
→不要と思います。

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up