Site Overlay

マンモトーム生検について

[管理番号:3242]
性別:女性
年齢:34歳
田澤先生はじめまして。
現在授乳中ですが、3ヶ月程前から右胸下部の1センチほどのしこりが
気になっており、先日総合病院を受診しました。
マンモとエコーを受け、「血流があるのとしこりが固いので乳がんの疑いあり」とのことでバネ式針生検を受けました(2本)。
結果は以下の通りでした。
(しこりの大きさは1.5cmと言われました)
診断区分:非腫瘍性病変
病理組織学的診断: Sclerosis and apocrine metaplasia of the right breast, needle biopsy
所見  :右乳腺からの針生検検体、2本。
     組織学的に、針生検のうち1本には、小型の管状や細い胞巣
     が集蔟している部位がある。
     胞巣の周囲には線維性組織や粘液腫様の間質が認められる。
     胞巣を形成する細胞に異型は見られない。
     免疫組織化学的に、p63にて胞巣には二層性が確認できる。
     ki-67陽性細胞もごくわずか。
乳腺症の可能性を考える。
 
     他の1本には、乳管内に好酸性、顆粒状の細胞質を有する細
     胞が認められる。
     細胞の核は楕円形で、わずかに大型の核が認められるが、核
     異型は見られない。
     ki-67陽性細胞もごくわずか、アポクリン化生を伴う乳管上
     皮細胞と考える。
       
「癌ではありませんでしたので大丈夫です」と検査していただいたのとは
別の医師から結果を伝えられましたが、先生のブログやQ&Aを拝見して、バネ式生検とマンモトーム生検の特徴と使い分けを知り、この検査内容と結果で本当に安心していいものか不安が消えておりません。
(バネ式生検を担当してもらった医師がとても若く見え、検査処置もとてもスムーズというわけではなかったというのも理由の一つかもしれませんが・・)
このような状況であれば、マンモトーム生検を受けるべきでしょうか。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「血流があるのとしこりが固いので乳がんの疑いあり」⇒気になる所見です。
この様な所見の際に「針生検で良性」と出た時に「その結果を100%信頼できるのか?」ということだと思います。
○本来は針生検は(バネ式にしろ、マンモトームにしろ)100%確定診断でなくてはなりません。
 
「このような状況であれば、マンモトーム生検を受けるべきでしょうか。」
⇒受けるべきです。
 ただし、検査を受ける際に「マンモトームをすれば、その結果は100%なのですね?」と医師に確認してください。
 そこで「言い訳をするような医師」では「検査の精度に問題がある」と思います。
 検査は(わざわざ痛い思いをするのだから)「100%自信がある医師」に依頼すべきです。
 
「検査していただいたのとは別の医師から結果を伝えられました」「バネ式生検を担当してもらった医師がとても若く見え、検査処置もとてもスムーズというわけではなかった」
⇒このような診療は「大学病院」か「○んセンター」などの大病院でしょうか?
 経験不足は否めないようです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up