Site Overlay

乳がんの局所再発

[管理番号:1102]
性別:女性
年齢:57歳
18年前に左乳房の温存手術を受けました。
リンパ節転移なし、放射線48グレイ、タモキシフェンを3年飲みました。
1/4切除で変形が酷く今も天候が悪いと脇の下や乳房全体に疼痛がします。
この2,3年前くらいから残した乳房に部分的に赤みが見られ、皮膚転移か炎症性乳がんかと目の前が真っ暗な気分で病院に行きました。
マンモ・エコーには異常なしで、のう胞が両方の乳房にあるとのことでしこりもないとのことです。
1~2週間するとうっすらと消えます。
しかし忘れたころにまた皮膚が赤くなったりするのでとても心配になります。
皮膚科で細胞診を受けたほうが良いのでしょうか。
ドクターからは私の杞憂だと思われているようですが、20年経っても再発はすると聞きますのでとても不安ですので思い切ってメールしております。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 温存術後の皮膚発赤ですね。

回答

「2,3年前くらいから残した乳房に部分的に赤みが見られ」「1~2週間するとうっすらと消えます。しかし忘れたころにまた皮膚が赤くなったりする」
⇒皮膚転移や炎症性乳癌ではないと思います。
 まず「2,3年前から」という点です。 もしも皮膚転移なら、どんどん進行する筈です。
 「1~2週間するとうっすらと消える」これも「転移が(治療もしないのに)消える」ことはありません。
 ○循環障害による「赤み」ではないでしょうか?
 
★「皮膚転移」は「皮膚の赤み」だけではなく「結節」となります。
 もしも「結節がある」場合には「摘出生検が有効」です。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
3+
Scroll Up