Site Overlay

抗がん剤治療中の白血球指標

[管理番号:7041]
性別:女性
年齢:46歳
病名:左乳がん
症状:

今年7月末頃、検診で左乳房の内側に2,3箇所のしこりが発見され、乳がんの診断結果となりました。
                 
9月頭頃、左乳房全摘の手術を受け、術中には脇のリンパへの移転が認められていないため、乳房に一番近い5個のリンパを摘出され、術後病理検査の結果も同様で、脇のリンパへの移転がなく、Luminial B、
StageⅡA(多発)、ER/PR/HER2=+/+/-と判定されています。
  
                                
10月中旬より、昨日まで抗がん剤治療TC療法を4回目実施完了したところ、4週間後ホルモン療法を開始する予定です。
          
ご相談させていただきたいのは、抗がん剤治療中の白血球・好中球の高値に気になります。
主治医が特に気にする必要がないとおっしゃっていましたが、やはり通常白血球が下がる恐れがある時期に、私の場合逆方向に走ったことが続いており、異常かなとの心配があり、さらに血液内科など、血管炎や膠原病を調べる必要があるのかもう少し様子をみたほうがよいのかご相談させて頂いたいのです。
血管炎や膠原病を調べる必要があるのかもう少し様子をみたほうがよいのかご相談させて頂いたいのです。
(昔抗核抗体が80で、膠原病になりやすいと言われ、年数が立つと、血管炎と診断されたことがあったのが、治療なしで自然に治ったみたいです)                         
2回目抗がん剤注射前の血液検査で: WBC12.76 / PLT 440 / 好中球 90.8 / CRP 0.33
3回目抗がん剤注射前の血液検査で: WBC13.63 / PLT 428 / 好中球 90.5 / CRP 0.26
4回目抗がん剤注射前の血液検査で: WBC12.69 / PLT 432 / 好中球 91.4 / CRP 1.46          
よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

私も数多くの抗がん剤患者さんを見ていますが、その経験上主治医と同じ意見です。
『主治医が特に気にする必要がないとおっしゃっていましたが』ということです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up