乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7599]
性別:女性
年齢:67歳
病名:乳癌
症状:

宜しくお願い致します。
昨年11月頃しこりが気になりクリニックでの検査後癌の診断。
今治療している病院に紹介いただき、12月末種々の
検査後顔つきの悪い癌との事で1月末温存手術をしました。

Her2陽性。
ER90%。
PGR-Ki67 40%。
腫瘍1cm位
リンパ転移なしで 手術後2月末から週一度のパクリタキセル(全12回)と3週一度のハーセプチン(全18回)、を併用して点滴に通っています。
パクリタキセルはアルコールの苦手な人は注意と言はれまして
私はアルコールに弱いので躊躇しましたが癌の治療だからと思い納得しました。
脱毛やら むくみ、耳鳴り、頬のシミ、口内炎種々の副作用に見舞われました。
その中でも歩行がふらふらして以前のようにしっかり歩けなくなっていることが心配の種です。
足が重くとても疲れやすくなり医師に話しても大変な時は助けてもらってとかの返答しかなく不安が増し、病院内脳神経内科の診察を頼み検査後脳に異常なしで末梢神経の検査後正常値の下位との事でビタミン剤が出ました。
これ以上悪くなれば又診察しましょうとのことでした。
今ハーセプチンのみになりましたが歩行不安定の副作用つらいです。
以前より歩みはましになりましたが傘を杖替わりにしたりしてます。
高齢者用の治療らしいですが。
愚痴をいうとやめますか続けますかと言はれるのでこのまま続けていくしかないのでしょうか。
ご助言いただけますとありがたいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

抗がん剤の副作用は(ある程度の予測はできても)人それぞれです。
ただ「今ハーセプチンのみになりました」とあるので、「もう済んでしまったこと」では??

「このまま続けていくしかないのでしょうか。」
⇒trastuzumabは当然続けましょう。

 ★勘違いしていますか?
 Trastuzumabには、そんな副作用はありません。(全てpaclitaxelの副作用です)

 今後trastuzumabを辞めても続けてもpaclitaxelによる副作用の回には全く影響はないのです。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

治療について
性別:女性
年齢:67歳
病名:乳がん
症状:

先日は抗がん剤の副作用の不安について御回答をいただきましてありがとうございました。
タキソール点滴が終わって約一か月たち歩行は点滴前のようにはまだもどりませんが、ハーセプチンのみになり確かに身心供に楽にはなってきています。
こちらのサイトを知ったのが初回の質問の2,3日前でして、もっと早く知っていて治療についても質問させていただいたらとおもいました。

今更ですが私の癌のタイプですとER90%ですがホルモン治療はしていないのですが大丈夫なのでしょうか。
今3週に一度のハーセプチン点
滴に通いその時診察時に医師に伺う頭が働きませんでした。
また抗がん剤治療後の放射線治療は具体的な事は決まっていませんが避けられないことなのでしょうか。
 

お忙しいところ宜しくおねがいいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「今更ですが私の癌のタイプですとER90%ですがホルモン治療はしていないのですが大丈夫なのでしょうか。」
⇒通常、抗がん剤が終了して放射線治療となったらホルモン療法を併用します。

 質問者の場合には「副作用が強い」から、(回復まで)様子をみているのかもしれません。

「放射線治療は具体的な事は決まっていませんが避けられないことなのでしょうか。」
⇒温存手術なのだから…

 それ(術後放射線治療)が大前提なのです。

 ただし一般的にはtrastuzumab単剤よりもradiationの方が先行するのですが。
 trastuzumab+chemotherapy(3か月) ⇒ radiation ⇒ trastuzumab(9か月)

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

治療について
性別:女性
年齢:67歳
病名:乳がん
症状:

お忙しいところお世話様になります。

パクリタキセル週1回(途中4回体調の都合で休薬、全12回が6月末なんとか全終了)と併用していたハーセプチン3週に1回の全18回が9回が終了したところです。

先日9回目の投薬日に気になっていたホルモン治療の質問をしましたら服薬はするということでした。
具体的な薬の種類やいつからとのお話し
はありませんでした。

又放射線はいつからでも始められるという事でした。

ハーセプチンと併用との事でした。

初日ハーセプチン投薬前に心臓の検査をしていただき逆流あるも治療OKということで、エコー検査もまじえ点滴治療を続けています。

私は左胸の内側下方を手術(部分切除)しましたので放射線治療が心臓に影響するのではないかと不安になってきています。

また、ハーセプチンと併用との事も気になりまして、
先生にご質問させて頂きました。

乳がん発覚8か月前乳がんの知識も今ほどもなくあわてて手術に臨んで腫瘍が小さいので部分切除を勧められ、パクリタキセル以外の提案なく(副作用に悩み)知識もない中で納得したのも自分ではありますが、今後の治療に知識をもちたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「又放射線はいつからでも始められる」「ハーセプチンと併用との事」
⇒これは誤りです。
 
 「トラスツズマブと放射線療法の同時併用は、右側の照射に関しては問題なく施行できるが、左側に関しては心臓への有害事象を考慮し十分注意して行う」と記載があります。
   乳癌診療ガイドライン 治療編2018年版 p365 「BQ8 乳房手術後放射線療法の適切なタイミングはどのようなものか?」より抜粋

 質問者は左側のようですから、これに当てはまります。(ちなみに、改訂前のガイドラインでは(左側右側にかかわらず)「併用は避けるように」となっていました)

「私は左胸の内側下方を手術(部分切除)しましたので放射線治療が心臓に影響するのではないかと不安」「ハーセプチンと併用との事も気になりまして、」
⇒まさに、その通りです。

 このようなガイドラインがあるのに、「敢えて」同時併用を選択する理由がありません。(患者さん側が「治療を急ぐ」事情があって、晩期障害なども了承した場合のみ併用するべきでしょう)

 
 

 

質問者様から 【質問4 】

治療について
性別:女性
年齢:67歳
病名:乳がん
症状:

先日はご回答ありがとうございました。

次回ハーセプチン点滴日の診察時に担当医師(チーム医療)と放射線治療の話が出ると思うのですが医師には併用と心臓への影響の不安を話します。

前回診察時私はやるべき治療を終わりたいと思い次回ハーセプチン点滴日に放射線科での初回診察の予約(説明と治療計画等)をとっていただきましたが不安になりキャンセルして
田澤先生にご相談をしましたがおかげさまで冷静になれました。
有難うございました。

先生でしたら私の治療はどのようにされるかお聞かせくださいますでしょうか。

ハーセプチン点滴終了が来年2月頃なのですがその後放射線では遅いのでしょうか。

(前回ハーセプチン点滴日、特に何もなければ化学室へといわれましたので放射線治療のことを、気になっていたホルモン治療の質問と一緒に私の方からお聞きした際、担当医が放射線はいつからでも始められる、
私がまだ暑いからと渋っていましたらいつからかはよく考えてからでもよいですよとの事でした。

こちらの意向を求められるのも素人の患者には辛いものもあります。
結局焦って予約したものの翌日キャンセルしました。

混乱している自分ですがなんとか治療を乗り切らなくてはとおもいますがどうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

「先生でしたら私の治療はどのようにされるかお聞かせくださいますでしょうか。」
⇒放射線に紹介します。

 そして放射線照射期間中はtrastuzumabをしなければいいのです。(放射線終了後、再開する)

「ハーセプチン点滴終了が来年2月頃なのですがその後放射線では遅いのでしょうか。」
⇒抗がん剤とtrastuzumabは別物とかんがえてください。
 術後照射は「5か月以内」と言うのは…

 抗がん剤の期間はカウントされないのですが、trastuzumab投与期間はカウントされるのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。